新しい人生なんて無い ~和月伸宏「エンバーミング」5巻

5巻の刊行にあたって、1巻を読み直してみたのですが、予想どおりひどく切ないものでした。 だって冒頭からいきなり、ナイフと銃をカッと交差させて二人が並び立っているんだよ1巻は。 ヒューリーとレイスの悲しき因縁に決着の5巻。 復讐をすることへ未来(さき)へ進むというのがかつての二人の信念だった。 でもヒューリーは「未来(さき)など無い」と断言する。 自分たちはもう死んだ身な…

続きを読む