最近のほん 8月16日~31日

●業務連絡 以前感想を書いたこともある沢村鐵さんの「封じられた街」の文庫版が、9月に発売されます。 それを記念した出版社の特設ページ内で、私の書いた感想を一部掲載していただきました。(→特設ページはこちら) もし良かったら探してみてください(笑) ヤングアダルト向けですが、大人が読んでも面白い(そして怖い)、読みごたえたっぷりのダークファンタジーです。未読の方は文庫化のこの機会にぜひ…

続きを読む

ツジトモ「GIANT KILLING」14~16巻感想

イントロ感想はこちら 1~2巻の感想はこちら 3~4巻の感想はこちら 5~7巻の感想はこちら 8~10巻の感想はこちら 11~13巻の感想はこちら 20巻の感想はこちら 四ヶ月近く間が空いてしまったり、先に最新20巻の感想を書いてしまったり、いろいろしましたが やっと続きが書けました… ※先の巻のネタバレも出てくると思うので、未読の方はご注意ください。 それでは↓…

続きを読む

ぶっとびふたたび ~有川浩「海の底」

これも面白かったーっ! こないだ読んだ「空の中」は未知との遭遇…というか、ジュブナイルSF的なにおいがまだあったのですが、 この「海の底」はそれ以上に、硬派なパニック小説っぽい感じですね。 何しろ、体長一メートル~三メートルの巨大ザリガニの大群が、人を食いに海から上陸してくるのだから! 「空の中」に出てくる【白鯨】はまだ人間と意思疎通が可能でしたが、 こっちの【レガ…

続きを読む

道しるべ ~寺嶋裕二「ダイヤのA」27巻

 「苦しい時ほど顔には出すなよ  主将が迷うとチームが揺らぐぞ」 表紙の青がきれい! 26巻の沢村の赤と対になってるんですかね。 ちなみに、炎だと赤よりも青色のほうが高温なんですよね(笑) 三年生の引退試合、三年VS一、二年というむちゃくちゃワクワクするカード。 後輩たちのために、そして秋大を最後に青道を去る監督のために、 持てる力のすべてをもって引導を渡す三…

続きを読む