雪のレジャーといったら遭難☆ ~中村光「荒川アンダー ザ ブリッジ」12巻

 「…相場がめちゃくちゃになって  彼女のくれたどんな小さな物も 言葉も  ダイヤモンドより高騰しだした頃に  私達の契約は終わった」 ビリーの兄貴ー! かっこいいぜちくしょー! 中表紙の、数千の目(複眼)でビリーを見つめるジャクリーンも、裏表紙の香水瓶に入っちゃった女の子たちも素敵です。 冬が来ても荒川は元気! 今巻も、サンタを憎むシスターの目を盗んでサン…

続きを読む

孤独な星は夜空に出会う ~高屋奈月「星は歌う」全11巻

やっと読めましたよ。 最初は単行本が出る都度読んでいたんだけど、3巻あたりでああ…ダメ…となってしまって。 これは最後までまとめて読まなきゃダメだと思って、完結するまで封印していました。 で、今から買いそろえるのはちょっと大変なのでてっとり早く漫画喫茶で読むことにしたんだけど、いつも行ってる「3時間パック」ではとても11冊も読み切れないだろう… でも途中で中断することは絶…

続きを読む

また殺さなくてはなりますまい ~原作・京極夏彦/漫画・志水アキ「狂骨の夢」2巻

相変わらず安心して読めるなあ。 2巻は久保竣公の葬儀から始まりました。こんなシーンあったんだっけ。 「魍魎の匣」のラストでは寺田兵衛さんのその後が何とも気になっていたので、こういう形でフォローがあってよかったな。 神道の葬式についてのうんちくもすごく興味深かったです。 そして白い神官姿の京極堂が素敵すぎます。もう何やってても素敵! 榎さんも変わらず素敵だなあ。し…

続きを読む

祈りに似た気持ちを知っているよ ~なるしまゆり「少年魔法士」14巻

 「――…祈りに似た気持ちを知っているよ  それが瞬間でも ほんの刹那でも  それが人間の永遠だとオレは思っているよ」 「少年魔法士」の感想を書ける日がやって来るなんて… 初めて1巻を読んだのは中学生のときでした。今もなお心のどこかに棲み続けている「少年魔法士」、待望の新刊です。 最新刊が出る前に、すべり込みで大慌てで既刊を読み返しました。 13巻、めっち…

続きを読む

私たちの余生 ~辻村深月「オーダーメイド殺人クラブ」

お久しぶりです、深月さん。 中学二年のふたりが計画する「悲劇」の行方 親の無理解、友人との関係に閉塞感を抱く「リア充」少女の小林アン。 普通の中学生とは違う「特別な存在」となるために、同級生の「昆虫系」男子、徳川に自分が被害者となる殺人事件を依頼する。  (Amazon内容紹介より) ほんとに容赦ないというか、うまい、うまいなあ。 学校の中は厳然たる身分制度社…

続きを読む