参っちゃうなあ ~有川浩「空の中」

とても個人的な話になりますが、有川浩さんの小説は私にとって、「見ていてものすごく惹かれるけど、どうしても話の合わない知人」のような存在です。 むちゃくちゃ気になるんです。気になるんだけど、触れ合ってみると合わないの…。文体なのか何なのかわからないけど、どこかに何かがひっかかってしまう。そのことがとても残念で仕様がない。 そういう存在は少し離れたところから見ているのが一番いいよ…

続きを読む