月光と露 ~藤田和日郎「月光条例」17巻

 「自分の「物差し」で計って、良いと信じたら…それが最高なのです…」 またもや頭が混乱してきたので、整理、整理…。 月光の正体は「青い鳥」の主人公チルチルであり、チルチルが一体どうやって今の岩崎月光になったのか、というのがこの巻から語られる昔語り。 だからここに登場しているのは月光じゃなくて、読み手(ニンゲン)の世界に飛ばされたチルチル=サンキチという青年。 打出…

続きを読む