何度でも ~羽海野チカ「3月のライオン」7巻

 「――正気の沙汰じゃない  彼らは何度手ぶらで戻っても  ますます対策を練って再トライをくり返す  苦痛などおかまいなしに  その身を投げて何度でも」  「何だろうこれ…  いったいぼくは  いつのまに出ていたんだ?  ――こんな明るいところに………」 どれだけの人がこの作品を読んで、 どれだけの思いを胸に抱くのかな。 どしゃ降りの日や、ぺしゃんこ…

続きを読む