まとめて感想:「月光条例」18巻・「獣の奏者」6巻

・藤田和日郎「月光条例」18巻  「愚かですね… …デクノボーです…  でもね、私は彼になりたい。」 高勢露の正体…! とか、え…工藤サン…? とか、またも謎が謎をよぶ展開。 でも、月光が木の下に捨てられていた経緯はわかりましたね。 センセイの退場が詩的でしずかでとてもうつくしく、悲しいのにどこか心が満たされる思いがしました。 ランプの中でセンセイに再会し、「もう…

続きを読む