勝っても負け。 ~安野モヨコ「さくらん」



映画のほうについて書いたので、ついでに漫画のほうも。

安野モヨコは、すごくセンスのいい人なのだと思う。
卒論のテーマの関係で、一時期江戸に関する資料ばかり漁っていたことがある。浮世絵や洒落本、黄表紙などに描かれている江戸の風俗を、飽きもせず眺めていた。あれは、勉強以前に楽しかった。
「さくらん」を読むと、それらを眺めていたときと同じ気持ちになる。

粋で軽やかで性におおらかな江戸の空気が確かに絵の中に流れていて、それでいて現代の漫画としても優れている。勘のいい人なのだと思う。自分の描きたいもの、頭の中にある世界をそのまま描きだすことができるんだろうな(想像だけど)。

ストーリーについては言わずもがなだし。タイトルで引用させていただいたモノローグが印象深い。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック