恒川光太郎「夜市」を読んだ。



すごく期待して読んだので、文章が若干素人くさいのに(冒頭部分とか)ちょっとがっかりした。
期待してただけに余計残念。
でも、デビュー作だし、しょうがないかとも思った。
めちゃくちゃ好きな世界なので、ぜひこれからもこういう世界を書いていって欲しいです。

「夜市」というタイトルがよい。
「お祭り」とも「花火大会」とも違う、得体の知れなさや怪しさが感じられて非常に好み。

第12回日本ホラー小説大賞受賞作なのだが、ホラーというよりファンタジーといった方がしっくりくるかも?
題材は確かにそれっぽいけど、ホラー小説にある不安感や不条理感がそこまで感じられなかった。
むしろつじつまが合っているので、なんかスッキリする。
だから怖がりの私でも読めるのかも。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック