ぼくはわすれない ~さとうまきこ「九月○日大冒険」

九月○日
「あの日に返りたい」第2弾は、この本。

※注 子ども時代に読んだ本を読み返す、私が楽しいだけの試み。不定期更新。



夏休み最後の日、八月三十一日の真夜中。
ふと目が覚めて、日めくりカレンダーをめくってみると、現れたのは「九月○(ゼロ)日」という文字。
窓の外をのぞくと、そこはどこまでも続くジャングルだった!

という、ファンタジックな冒険もの。
夏休みが終わってほしくない、と強く願う子どもたちにプレゼントされた、1日だけの猶予期間。それが、九月○日なのである。


主人公は、小学四年生の純。
ぜんそく持ちで色が白いため、ついたあだ名が「シラミ」。
…ひ、ひどい。このネーミングはひどすぎる…
こんなショッキングなあだ名をつけられて、よく登校拒否にならなかったものだよ。

純以外にも九月○日をプレゼントされたのは、クラスのアイドル的存在のリコちゃんと、乱暴者の明の二人。
三人に共通するのは、何らかの理由で、楽しい夏休みを過ごせなかったということ。
このでこぼこトリオが、恐竜の住む世界で大冒険を繰り広げます。


文字が大きいこともあって、すぐに読み終えてしまう。
長い話を読み慣れている今では、「あ、もう終わりか…」と思ってしまうが、子ども時代の私は、濃い密度に確かな充足感をもって、このお話を楽しんだ。

欝屈、興味、不信、恐怖、諍い、和解、団結、創意工夫、充実、そしてこの冒険で得た、かけがえのない仲間…
1日かぎりの経験を通して、少年の成長をしっかりと描いているという点で、物語として優れていると思う。
他人と関わっていくということ、認めあうこととはどういうことなのか。
これは、大人になった今でも、いや、永遠のテーマだなぁ。



目が覚めると、いつものベッドの中、いつものパジャマを着ている。
向こうで使った昆虫採集セットも、取り出す前のままの状態でしまわれている。
でも、夢じゃなかった証拠に、三人とも真っ黒に日焼けをしていて。

新学期が始まった教室で出会った三人が、同時にかけよってかたくかたく手を握り合う最後のシーンが大好きで、ずっと覚えていた。
それまでは、全く接点のない三人だったのだ。
でも今は、苦楽を共にした仲間なのだ。

「三人」っていうのが、いいよなぁ。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック