仲村佳樹「スキップ・ビート!」1~14巻を読んだ。

スキップ・ビート
後輩にどっさり貸してもらったのだけど、これは面白かった!
一気に全部読んだら夜更かし→寝坊→遅刻確実なので、キリのいい巻でやめようと思うのだけど、キリのいい巻というのが存在せず…!
断腸の思いで、何度も中断して寝たものでした。


主人公キョーコは、幼なじみで人気歌手の不破尚と一緒に暮らしていた。
大好きなショーちゃんのためと、高校にも行かずおしゃれもせずにバイトにはげむ毎日だったが、実は尚はキョーコを便利な家政婦代わりとしか思っていなかったことを知る。
復讐を誓ったキョーコは、尚と同じ土俵に上がるために芸能界を目指す、というサクセスストーリー。


どんな話か知らないまま読み始めたので、1話の前半までは
「何だよこの子、こんな男のいいなりになって…イライライラ」
と思っていたから、その直後のキョーコのブチ切れにはスカーッ!とした。
よくやった!と快哉を叫びたくなった。


とにかくキョーコが絶対に泣き寝入りをしないのが、精神衛生上非常によろしい。
やられたら倍以上にしてやり返す(?)から、すごく痛快。


復讐の目的だけではなくて、人のためにばかり生きてきた自分には何もない、空っぽだと気付いたキョーコが、自分自身を獲得していくビルドゥングスロマンとしても読むことができる。
復讐するだけなら殺伐としてしまうだろうけど、そういう側面もあるので、作品としてたいへん魅力的だと思う。


最初はただただ憎たらしかった不破尚が、だんだんかわいく思えてくるのが不思議。
基本的にこの絵柄(特に男キャラの)はちょっと苦手なのだが、話が面白いのでまったく気にならなかった。


細かいところまで丁寧に描き込みしてあるのも、好感度高い。(アシスタントさんがすごいのかもしれないけど)
ローリィ初登場時のダンサーズのシーンとか、ちょっと感動すら覚えました。


これはぜひとも続き読みたいなぁ!


この記事へのコメント

  • 赤魚

    こんばんは☆
    スキップビート、私も大好きです~!!
    最新刊がとてつもなく気になるところで終わっているので 一刻も早く発売してと願う毎日です。
    この作者さん、女の子がみんなカッコいいんですよね~!
    前の作品も、主人公が割とタフな子だったので、またこんな雰囲気の子か~と思いつつもハマってしまっています。
    私的には今少女漫画部門ナンバーワンだったりします。スキップビート。
    2007年04月16日 00:07
  • 三森紘子

    赤魚さんへ

    コメントありがとうございます!
    私も、男キャラより女キャラの方が断然好きです。ホレますね!
    赤魚さん的少女漫画部門ナンバーワンというのもうなずける面白さでした☆

    この人の他の作品では、東京クレイジーパラダイスを雑誌で1話ぶんだけ読んだことがあります。
    思い切り途中なのにもかかわらず、すごく面白かったことを覚えています。
    あっちもまた、ちゃんと読んでみたいです!
    2007年04月16日 00:48

この記事へのトラックバック