アニメ「おおきく振りかぶって」12話を観た。

ハマちゃん大活躍(?)の第12回です。


・三橋の回想・小学生時代
子どもの声、わざと作る必要ないですね、三橋の声の人…
クラスメートに声をかけられないでいる三橋が、幼き日の自分と重なりました(泣)
(そう思うと、ずいぶん成長したぞ、大人になったぞ、私!)
そして昔のハマちゃんが良い意味でガキ大将でかっこいい。
三橋も憧れてただろうな。


・「浜田くんは、ハマちゃんだったんだ」
三橋の声の人、本当に感情の入れ方が上手いなぁ。
代永さん!(やっと名前を覚えたぜ!)


・グラウンドに入りなおすハマちゃん
このシーンが好き。
挨拶きっちりできる野球部員と、それに感化されるハマちゃん、どっちもいい。


・今日のシガポ講座
花井の眉が動いてるー。
ハマちゃんがグラグラするのはわかるけど、田島は最初から聞いてるだろぉ!
いつの間にかサードにいるモモカンがかっこいい。
目をつぶってる巣山がなんだかかわいい。


ただ知識を教えるだけじゃなくて、選手たち自身に物事を考えさせるシガポやモモカンのコーチング方法は見習わなきゃいけないな。
漫画(アニメ)的手法としても、観てるこちらにも頭に入りやすいし、説得力も生まれるし。


・「スタンドからたたき出してちょうだい!」
モモカン怖い!モモカン怖い!
その直後のキラキラした目とのギャップがすごい。


・ひたすら練習
単なる練習風景なのに、すごく面白い…!!
実際の野球部とかに取材しに行ったりしたんだろうなー、作ってる方々。
中高時代によく見かけていた、運動部の柔軟とかランニング風景とかを思い出した。
公式試合って、むしろイレギュラーなイベントなんだよな。
こういう練習を、雨の日も風の日も毎日毎日、毎日毎日毎日毎日毎日毎日やってるんだよな、彼らは。
うあ~~~! ヘンな感じに楽しいぞ!?


三橋の打つ球だけビミョウな音してるのが、芸が細かいな~と感心した。
あと、背中の「1」が薄れてきてるのとか。


途中、千代ちゃんが古文の授業で朗読をしてますが、竹取物語って教科書に出てきたの中学あたりじゃなかったっけ…?


・1年9組
田島と泉がかわええな。
田島はまたオ○ニー発言をしています。すぐそばに女子いる、女子!


・次回予告
徹夜明けの千代ちゃんかぁ…いい!
開会式もちゃんとやってくれるんだ、うれしい。
千代ちゃんの先輩マネジさんがかわいいぞ。


・でも、何かが足りない…
と思ったら、今回は阿部の台詞がほとんどなかったんだ!ということに気がついた。
こんなに阿部が喋らない回って珍しい。
アニメだと特に、いつも阿部の声ばっかり聞いてるからなー。




仕事場で目が腫れてるよと言われたし、明日はがんばってチケット取らないといけないし、今日はさっさと寝よー。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

アニメ おおきく振りかぶって 第12話「応援団」
Excerpt: 一話の感想はこちら 今回は俺的に神回でした! アニメオリジナルの練習風景は運動部経験者からしてもリアルでした。 あと、三橋の幼少時代が男の俺でもかわいく見えてしまいました(*´Д`) そして、オー..
Weblog: 出不精な俺
Tracked: 2007-07-01 00:38