映画「舞妓 Haaaan!!!」を観た。

困ったなぁ、特に感想書くことがないや。


もちろん面白かった。
阿部サダヲが出てるんだから面白いに決まってる。
でも、両隣席のギャルたちのコメントがうるさかったのが微妙だった。
改めてキモイキモイ言わなくたって、阿部サダヲがキモイのは見ればわかるよ!
改めて言っちゃうと興ざめだよ。
(阿部サダヲさんごめんなさい。ファンです)


内容も、勢いのみ(本当に勢いしかない…)で構成されているので、何も感想が浮かびません。
最後は良かったねぇと思った。
幸せな人生じゃないか。


柴崎コウの舞妓姿はキレイだった。
前半の、若干イタい不思議ちゃんの演技もすごいなと思ったけど。


伊東四朗が好き。
あの人だけのとぼけた感じが。
あと、堤真一も好き。
京野ことみや酒井若菜も出てたのか…みんな白塗りで誰かわかんなかった。


初めてのお座敷で、駒ちゃんとの臨終までの日々を一瞬で妄想するところが好きだった。


あと、グループ魂のCDがうっかり欲しくなる。


そんな感じです。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック