夏はまだ終わらない ~「おおきく振りかぶって オリジナル・サウンドトラック」

0912

サウンドトラックというものが大好きでして。
何でこんなに好きなのか。
DVDは買わなくてもサントラは買う!
というわけで、予約までしておお振りのサントラを買いました。


アニメが始まる前は、声ももちろんだけど、音楽がイメージと合わなかったらものすごく嫌だなぁと思っていた。
映像作品にとって、音楽はとっても重要だから。
その作品を生かすも殺すも音楽次第、と言っても過言ではないと思う。
(逆にその他の部分がビミョウでも、音楽で盛り上げてくれたらある程度見られるものになったりするもので…いや、関係のない話でした)
だからといって、「こんな感じの音楽が合う」というはっきりとしたイメージがあったわけじゃなかった。
でも、放送が始まってフタを開けてみると、「こういうのを求めてたんだよ!」と現金にも膝を叩いていた。
とにかく作品世界との違和感がないのです。ひぐち先生のお墨つきもあり。
買わずばなるまい。


そんなこんなで、家に帰ってソッコーで聴いた。
あんなシーンやこんなシーンでの、「甲子園に行ける」「投げるよ、あべくん」「次回、『○○』」「やっべえ、昨日(以下略)」「うまそう!」といったセリフが頭の中をかけめぐって楽しかった。
曲ごとにタイトルがついているので、「へ~この曲って『バッテリー』のイメージなんだ」「これは『ホントのエース』って感じがほんとにする!」「なんと…これが『モモカンのテーマ』だったとは」などと、いろいろツッコミを入れながら聴くことができて新鮮でした。


やっぱり[01 メインテーマ]は本当にさわやかで熱くって、まさにおお振り世界!って感じで大好き。
[16 全力勝負]はめっちゃかっこいいし、[17 エースのために]は泣く。←タイトルの付け方からして反則やん。
[26 抽選会]は「うまそう!」の時に流れてた曲だよな。[29 メンタルトレーニング]の、静かなイントロから徐々に盛り上がっていくところがすごく好き。
[30 変わらなきゃ]は、三橋の「ウザイ」「キモイ」部分を表した曲なんだと思うけど、これヘンテコで好き。
[37 狙い球]が何気にお気に入りだ。作曲した浜口さんのコメントにもあったけど、試合中に流れるとすごい合うんだよなぁ!
[38 ゲームセット]は、バックに蝉の鳴き声が聴こえるような気がするんだけど…空耳? 最終回に思いを馳せると切なくなる…。はぁぁ…。
※ほんとは全部の曲に感想書こうと思ってたけど、さすがに挫折しました!


主題歌4曲とも入ってるのでお買い得!
収録されているのは90秒のテレビバージョン、というところが「わかってるなぁ」と思った。
そのアーティストのCDを聴いてるんなら話は別だけど、サントラなのに3分も4分もフルの曲を聴きたいと思わないもん。
あと、ローカルネタですが…「メダカが見た虹」を聴き終わる度に、「地球へ…」のOPのイントロが頭の中で鳴りだして困る。
うちの地域ではおお振りの直後に「地球へ…」をやってたので、毎回「このあとすぐ予告」のイントロだけ聴いてて覚えてしまったのです。


ああ大満足だ。
ここまで原作ファンにやさしいアニメって珍しくないか?
あと、ブックレットのひぐち先生コメントに添えてある、三橋のカットがかわいくてなごんだ。
夏は終わらない! まだ夏は、終わらないんだー!


んん?
そういえば、モモカンが甘夏つぶすシーンの曲が入ってないよ!?


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック