永遠 ~堂場瞬一「大延長」




野球ものの記事ばかりが続いてしまって申し訳ないです。
私が野球に興味を持ち始めたきっかけは、実はおお振りではなくそれより前に読んだ「バッテリー」(あさのあつこ著)なのですが、それ以来、野球を題材にした小説や漫画を積極的に開拓するようになりました。
そしてそのおかげで、もんんんんのすごく面白い本に出会ってしまいました。
読むのは今回が初めての作家さん、堂場瞬一著「大延長」。


見初めたのは書店の新刊コーナー、表紙とタイトルに惹かれ手に取る。
パラパラ眺めてみるとどうやら面白そう。
決めた! と本をレジへと…持っては行かず、行ったのは図書館でした。
(すいません…ハードカバーを1冊買うぐらいなら同じお金で文庫本を3冊買います…)
無事に借りることができたので、読む。
すぐに夢中になる。


甲子園。夏の全国大会決勝戦、恒正学園と新潟海浜。
延長十五回0-0引き分け。再試合を明日に迎えたその日の夜から物語は始まる。
長い長い2日間が、さまざまな人物の視点から、これでもかというほど長く、濃く、熱く描き出される。


十五回を投げ抜き故障の不安を抱える、今大会随一の呼び声も高い海浜のエース、牛木。
自身も故障した過去を持ち、再試合の牛木の登板を躊躇する海浜の監督、羽場。
事故で手を負傷したために甲子園では試合に出ていないキャプテン、春名。(名前に反応してしまうのはおお振りのせい…こちらのハルナは皆の信頼も篤く頼れるキャプテンで彼女持ちです)
選手を自分のチームが勝つための駒だと考える恒正の監督、白井。
自己中心的な天才バッターにして牛木のライバル、恒正の四番、久保。
手術の予定を控え、再試合の解説役を最後の晴れ舞台と想いをかける元野球部監督の滝本。


たくさんの人々が関わる高校野球。もちろん綺麗ごとだけでは成り立っていない。
他校への監督の引き抜き。裏で動く大金。
明日は勝て、エースに投げさせろと監督にプレッシャーをかけてくるOB。
選手の喫煙による不祥事。
人々の思惑は千差万別だ。
そしてその思惑があろうがなかろうが関係なく、再試合は開始される。


テレビの向こうから、放送席から、ダグアウトから、いろんな視点を行き来しながら紡がれる試合展開。
でもやっぱり、一番すごいのは実際にプレーしている選手の視点で描写されるくだり。
スピード感のある、たたみかけるような筆致。
熱狂。興奮。緊張と弛緩。追体験する、球場の熱気。頭が朦朧としているのに、奥の一点はぴんと張り詰め冴えわたっている感じ。


先が知りたくてうずうずしているのに、読むのを何度も中断して、天を仰いでため息を吐く。
このままじゃ、読み終わってしまう…
読み終わりたくない。終わらないでほしい。
もっとこの試合を見ていたい。


そんな私の心の声と、作中の人物の思いはシンクロする。
(どちらも負けるな。)と、解説席からグラウンドを見つめる滝本。
「野球は楽しいな。それだけのことだ」「だからずっと試合をしていたい?」「そういうこと」という牛木と春名の会話。
「いや、最終回じゃない。九回だ。最終回っていうのは、試合が終わってから言うものなんだよ」自分が上へ行くための踏み台としか考えていなかったこの試合を、いつの間にか本気で楽しみ始める白井。


どんなに終わらないでと願っても、試合にも物語にもいつか終りがくる。
でも、プロローグとエピローグでは、かつて選手として対決した牛木と久保が、今度はお互いチームを率いる監督となって再び対決する。
ああ、終わりじゃないのか。続いていく。
熱狂する人間がいる限り、高校野球は永遠に続く。


ストーリーはもちろんのこと、登場人物も非常に魅力的で私は大好きだった。
人間のずるかったり汚かったりするところも書いてあるのがいいと思う。
だからこそ、終盤のゲーム展開の何者にも邪魔することのできない神々しさ(?)、すごさが引き立つのだと思う。


春名の「今日は勝つ!」は、本当にかっこよかったなぁ。
牛木のモノローグ(百パーセントの俺じゃないけど、今出せる全力で勝負する)には悶絶しそうになった。ほ、惚れてしまう…!
こんな神がかった奇跡みたいなすごい事が、現実でも起こってしまうのが甲子園だということを、私たちは知っている。



もう興奮しすぎてうまく感想がまとまりません。
もっとこう…伝えたかった。
震える感動を言葉にのせて伝えたかった。
細かい部分で腑に落ちない点もあるけど、そんなことも気にならなくなるくらい、没頭の度合いがハンパなかったです。
今夜は眠れなさそうな勢い。
寝るけど。


あー、本当に

お も し ろ か っ た ーーー!!


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

大延長<堂場瞬一>-(本:2008年75冊目)-
Excerpt: 大延長 出版社: 実業之日本社 (2007/7/20) ISBN-10: 4408535087 評価:88点 (ネタバレあります) 高校野球はいいもんだ。 いろんな不祥事が起きたり、野球留学が問題..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2008-05-21 00:50