アニメ「おおきく振りかぶって」22話を観た。

ストーリーは原作そのままだけど、演出の仕方で「あれ、そうくるか」と思うことが多かった22話。
原作とは違う見せ方にチャレンジ、の回ですね。変えなくていいのに…というのはいち原作ファンの独り言。
21話があまりにも素晴らしかったから余計そう思っちゃうんだろう。
さ行こう!


・前回の水谷のナイバッチから
もいっかいナイバッチ水谷ー!
でもここ、BGMが不穏な感じだから桐青側視点に見える。


・8回の裏、桐青の攻撃
守りはあと2回!
桐青応援団のメガホンがめっちゃ動く。


・青木の打席
青木の(あんな半端なスイングで 夏の初戦を締めたくないからな)というモノローグがカッコイイ。
こんなところで終わる気はさらさらないのだ。
ボールを手でコネコネする三橋がかわいくて参った。
この打席は三橋のストレートで三振!


・和さんの打席
きったきた~!
三橋のまっすぐを攻略しにかかる和さん。
一球一球無駄にせず、考えながら少しずつタイミングを合わせていく。
和さんのストレート狙いに気づいた阿部の最後の配球は…カーブ。
スイングをくずしながらも打ったボールは二遊間?一二塁間?に抜けて、和さん出塁!
(性格が悪いねェ)(まったく捕手向きなヤツだよ)と阿部を評価する和さん。

(でも 結果的に打ったから オレの勝ちだぜ!)

…これだよ。
これを聞きたかったんだー! 和さんの声でー!
年下相手に勝ち誇る和さん!!
してやったりな顔の和さん!!
うほほー!(意味不明)

そんな高校生らしい和さんが好きです。


・本山の打席
エンドラン・バスターでワンナウト一、二塁!
勝負をかけてくる桐青。


・準さんの打席
バント狙いに絞り、打者アウトを取ろうとする阿部。
しかし準さんもバスター! 三塁側の内野を抜ける。
捕れなくても田島はかっこいいぞ一体どうしたことだ。
水谷の「うえっ ホームかよ!」は原作でも好きなシーンだったけど、アニメもすっごい良かった。投げた後の「んっ」ていう声が…良い。

ホームへの返球がタッチの差で間に合わず、さらに走者とのぶつかり合いで阿部がふっとばされて和さんホームイン!
(ブロック甘いぜー)の和さんがまた良くて悶える。
阿部は確かにキャッチャーにしては体重軽いんだよな。この身長でこの体重って、球技やってる男子にしてはだいぶ軽いと思う。
そんな風に思うのは私の身長体重と照らし合わせて考えているからで、あまり詳しく言うと私の体重がバレてしまうのでやめます。
それに、同じ1年の迅と比べても(身長同じなのに)10キロ違うんだもんね?


・山ノ井の打席
スクイズを警戒して、投球と同時に沖ダッシュ。
おっきーのダッシュ良かった。
しかしまたまたヤマさんもバスター! ピッチャー返し。
阿部の怪我を恐れて、バックホームを躊躇ってしまう三橋。
今度はしっかりアウトをとった阿部、怒髪天を衝く勢いで三橋に詰め寄る。

阿部の動きが早すぎてオモシロイとか、田島はなんで三橋の言いたいことがわかるんだよジェスチャーってレベルじゃないぞとか、いろいろ思ったけど何よりもなんでここでこのBGM?
一気にのどかな雰囲気というか、日常に戻っちゃう感じがする。
そっちばっかりに気を取られてしまって、内容が頭に入ってこないので、個人的にはここは無音がよかったな…。

あと、「審判の目を気にして焦る栄口」の描写がなかったのが、ど~~~しても納得いかない。ここだけは納得いかない。
栄口の最も栄口らしい部分なのに!
今からでもいいから、DVD収録前に修正してくれないかな~。


・前川の打席
気を取り直して、続く前チンの打席は三球三振にとりました。


・笑い合う和さんと準さん
準さんの輝かんばかりの笑顔。
ちょっと! 和さんの笑顔もアップで映してくれ!


・阿部「怒ってねェって!」
(怒ってるよな)(怒ってるよね)と無言で会話をする田島と栄口が笑える。


・次は9回!
ハマちゃんの声も裏返る! 盛り上げてくぞー!
(×ゲームになんかさせねェ!)というかっこいい阿部の決意で次回へと続きます。
次も捕手対決!


・次回予告
千代ちゃんと一緒に「みんな、がんばれーー!!」と叫びたい。
巣山と栄口の手ギューらしきシーンが!
花井と水谷に挟まれた三橋の顔に噴いた。
そして田島の最終打席。楽しみすぎる。


そんで、また来週の放送はお休みって、ありえない。
ガクーンですよ。すごい勢いで肩が落ちますよ。
焦らしプレイはやめてくれ。
木曜に放送してる地域では、もう試合は終わったのですよね。
しばらくニコニコ動画を封印しなければいけない。
やっぱり初見は正規のオンエアじゃないと嫌だなぁと思うので、むちゃくちゃ気になるけど再来週までおとなしく待つぞ。


そういえば、DVDの最終巻には「基本のキホン!」が収録されるという噂を…聞いたの…ですが…。
…ほんとうですか。
それは買うしかない。
「キホン」なしにはおお振りを語れませんからな!
商売上手でやんなっちゃう!


そして今日は不意打ち的に出ていた早売りのアフタヌーンも買えたので、次はその感想です。
と思ったけど、もっとちゃんと読みこんでから書きたいので、明日にします。
ひぐち先生最っ高。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック