奥深きその世界 ~ミキマキ「少年よ耽美を描け」1巻

1021

アニメおお振り放送終了にともない悲嘆にくれておりましたが、一夜明けて、おうちにいっぱい漫画がやって来たので、片っ端から読んでました。至福だ。
感想一冊めがコレというのもどうかと思いますが、まあ順番にいきます。


何しろこれ、サブタイトルが「BOYS BE TAMBITIOUS」というのです。
ボーイズ・ビー・タンビシャス!! タンビシャスって何!? アホすぎる!!
こんなタイトルついてる時点で勝ったも同然じゃないかと思ったのが、読もうと思った理由です。
私にはツボだったんだけどなぁ…一般的にはどうなんだろうなぁ…「耽美シャス」。


眉目秀麗の男子高校生・新葉芹は、生まれて初めて彼女にふられる。
その理由は、「BL漫画にハマったからデートの時間をそっちに使いたい」というものだった。
屈辱を受けた新葉は彼女を見返すために、何故か自分でBL漫画を描くことを決意する。
周囲の男子を巻きこんで奮闘するが、次第に本末転倒的にBLの世界に染まってゆくのであった。
…という内容のストーリー四コマ漫画。


知識ゼロの男子が「受攻とは何か」を学ぶところから始まっているので、初心者に優しい作りだと思います。
興味はあるけどどっぷり足を踏み入れる覚悟のない私のようなチキン野郎にもちょうど良かったと思います。
こういうネタ漫画って、なしくずしに本筋がBL展開になってっちゃったりしがちだけど、そこはあくまで彼らが部活動のように打ち込む対象としてのBL、という粋を出ていないので、読んでてすごく安心できる。
本物のホモキャラも出てこないし。まあ2巻以降出てくるかもしれないけど。


いや…ほんとに…BLの世界は奥が深い…
半分ぐらい意味がわからない。ここに書かれていることが間違ってるのか合ってるのかもわかんない。
そしてここに書かれていることも、きっと氷山の一角でしかないのだろうなぁ…
「白衣はジョーカー」「逆カプは魔法の呪文」「ロンゲキャラのパンツ=豹柄ブーメラン」というあたりが参考になりました(何の?)。


バンド少年なのに、絵が抜群にうまいせいで仲間に引き入れられている潮が一番フビンで好きだ。
あのすごい柄のTシャツ(見つめ合う男二人のプリントに「お前と堕ちたい…」という文字入り)を着たままコンビニに行ったんだろうか。
新葉が脇役顔だというのは、小清水姉の意見に同意です。特に髪型がかませ犬くさい。主役の髪型じゃない(偏見ですすいません)。
彼らには今後も誰かとあやしい関係になったりせず、真面目にBL道を邁進してほしいです。


そんで、四コマ漫画としてちゃんと面白い。これが最も重要。
「なまはげで告白」の回が一番笑った…。
あと、絵がかなりヘタクソな新葉が描いたBL漫画「秘密」は、ずっと見ているとだんだん萌えを感じてくるという摩訶不思議な作品です。私だけかもしれないけど。四コマしかないけど。
最終回では、完成した作品を載せてくれるのか。というか、完成するのか。


初心者にはよいと思うのですが、上級者の方々にとっては「それは違う」「そこは逆だろ」とか色々言いたいことが出てくるのかもしれないですね。
すいません、そんな私は「銀河×ブラックホール」がどうしてもわかりませんでした。
悟り度合いが新葉以下とは…


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック