プロのお仕事 ~原作/乙一・脚本/坂東賢治・ノベライズ/相田冬二「KIDS」

0219

映画のほうは観ておりませんし、今のところ観に行く予定もありません。
だって観に行ったら、「で、お前はどっちが目当てなの。玉木か、徹平か、それとも両方か」という声がどこからか聴こえてきそうで(たぶん自分の内なる声だ)なんかそれに耐えられない…。
ああ両方さ! なにこの最強タッグ。最強じゃん。
だから逆に、絶対観てやるものかとか思ってしまう。どういう思考回路なのか不明ですが。


なのにノベライズのほうは買った。何故かというと「キサラギ」のノベライズを手掛けた相田冬二さんの著作だからです。
※ちなみに「キサラギ」小説版の感想はこちら


内容についてはさて措くとして(映画観てないからね。)、今回もやはり相田さんにしか書けない小説になっていると思います。
アボカドバーガーを食べる玉木宏が百獣の王ライオンのたてがみを体感しているなんてこと、シナリオには絶対に書いてなかったに違いない! …いや知らないけど!
キサラギのときと同じような感想になるけど、この物語をいったん自分の中に取り込んで咀嚼して、自身の言葉で新しく語り直しているような印象を受ける。


映画のノベライズってたぶん、セリフをおこしてト書きを地の文に書き直すだけでも一応の体裁はつく。
実際そんな感じのノベライズ小説を読んだこともあるけど、それだとあくまでその映画を観た人しか楽しめないんじゃないかと思う。映画の付属品、グッズ的な感覚で。
小説を映画化や漫画化する場合は、視覚という新しい要素が入るから違いがわかりやすいけど、映画や漫画を小説化する場合、ただ原作を文章に変換するだけではとってもつまらないと思うのです。
同じならわざわざ読む必要ないもん。
となると、どれだけ書き手の人のオリジナリティを出せるかというのが重要になってきます。


そういう点で、相田さんの書かれるものにすごく好感を持ちます。
すでに一度作り上げられている作品をどう料理するか、どう味付けするか。
映画の付属品ではなく、「小説」として単体で面白い作品にするため、どう工夫するか。
そういう意思、つまりはプロ意識と呼べばいいんだろうか? それを感じてうれしくなる。
そして、他人の作品を料理しながら、実はこれ自分のことを書いちゃってるんじゃないのかな? と思う部分も多々あってちょっとニコニコしてしまう。


あれ、ほんとにキサラギのときの感想と同じようなこと書いてる…。
ボギャブラリーが貧弱なんだな私…。


ここまで偉そうなこと書いといてアレですが、なにしろ映画を観てないので! トンチンカンなことを言っちゃってたら本当にすいません。
映画のほうは…う~んやっぱり…観、ないかなぁ…
地上波で放送したら観ようかなぁ…
相田さんの文章が読みたかっただけなんです。ほんとすいません、こんなんで。


この記事へのコメント

  • ぬま。

    三森さんへ

    こんにちわ!
    KIDSということでコメントさせていただきたく、参上いたしました!(何様!
    私はですね、原作乙一さんの作品の大ファンでして、
    「徹平か玉木か云々」という声があちらこちらから聞こえる(笑)試写会に行って来たんです。
    映画はですね、地上派でいいと思います。(笑

    私はいつも映画の小説本は無意識のうちに自分の中から撤去していたので
    今回の三森さんのブログで色々気付くことができました。
    また新しい世界を見せ付けられてプンプンしていますよ!(はい、謎めいた文章ですね^^)

    ところで、KIDSなんですけど
    オリジナルのほうの「傷」もお勧めします。
    映画版のほうにはない純粋さが、そこにはあると思います。
    乙一さんの「傷」は、私が乙一さんを好きになるきっかけになった本でもあります。

    恩田さんが好きでしたら、乙一さんも結構気に入ると思うので機会があったら読んでみてください。
    2008年02月20日 18:58
  • 三森紘子

    ぬま。さんへ

    こんにちは!コメントありがとうございます☆
    そうですかあ…地上波でいいですかあ…。じゃあ、そうします!(笑)
    原作とはずいぶん違うものになってるみたいなので、原作ファンの人からすればよけいに賛否両論あるんでしょうね。
    ノベライズは、映画の内容から変更されている部分があるそうなので(どの部分なのか私にはわかりませんが;)興味がおありでしたら試しにどうぞ♪

    乙一さんの原作はですね、実は一度読んでいるのです。ただ、何年も前のことで内容をすっかり忘れておりまして…なので今回は敢えて触れませんでした(汗)
    でもいい機会なので、また再読したいと思います!

    そういえば、先日お勧めいただいた「不思議な少年」を読み始めてます! コンプリートできたら感想を書きたいと思うので、よろしければまた見てやってください。
    それでは^^
    2008年02月21日 19:29
  • 相田冬二

    ありがとうございます。宣伝してしまったので半ば無理矢理読んでいただいた感もあるかもしれませんが(恥~)、それでもやっぱりうれしいです。お察しの通り、シナリオにないこと=自分の周辺のこと(出来事やら感じたことやら)をつらつら書いてます。実はアボカドバーガー食べたことなくて想像で百獣の王ネタは書きました。全部書き終えてから食べに行ったのですが、まあそんな気もしないでもなかったです(自分に洗脳されている…)。シホのブログも映画にはない設定で、三森さんをはじめとするブログの方々のことを結構参考にさせていただきました。ありがとうございます。プロ意識は微塵もない人間なので、もう少しもつようにしますね…。某連ドラのノベライズを急遽やることになり現在執筆中なのですが、先が読めない展開だとついつい、「ト書きを地の文に書き直す」だけになりがちなので、三森さんのお言葉を肝に銘じてがんばる所存でございます。なにはともあれ、ありがとうございます。うれしいです。本当に。
    2008年03月09日 23:50
  • 三森紘子

    相田冬二さんへ

    わ~っ、またもやコメントありがとうございます!
    無理矢理なんてとんでもないです(>_<)お聞きしてなくても、見つけたらきっと買ってたと思います。お手頃価格なのもありがたかったです(笑)

    予想が当たってたみたいでうれしいです^^アボカドバーガーの描写を想像で書かれたなんてびっくりです!
    シホのブログのくだりも面白かったです。特にコメント欄が「あるある」な感じで。「初書き込みで年齢訊くなよ!」とかツッコミながら読ませていただきました(笑)

    お体に気をつけて、これからもお仕事がんばってください。何のドラマだろう…アンテナ張ってチェックしておきますね!
    コメントありがとうございました。私のほうこそ読んでいただけてとってもうれしかったです!
    2008年03月10日 22:15
  • 相田冬二

    ご無沙汰しております。相田です。
    本日はまたまた性懲りもなく宣伝に参りました。
    WOWOW初の連ドラをノベライズした「パンドラ」(幻冬舎文庫)が現在発売中です。上下巻ですが、一応自信作です。これまで手がけたノベライズの中では最も自分なりのオリジナルを盛り込めましたし、書いていてこんなに楽しかったことはありません。一話ずつ台本をいただき、先が読めないまま書き進め、結果的にドラマとは違う味わいにできたと思っています。
    いつか、三森さんに読んでいただけたら、すごくうれしいです。
    がっかりさせてしまったら、ごめんなさいなのですが、本人的には「相田冬二の最高傑作」だと信じております(笑)
    2008年08月04日 02:17
  • 三森紘子

    相田冬二さんへ

    お久しぶりです、コメントありがとうございます!
    あわわ、もう発売されてたんですね!相田さんの新刊のチェックはずっとしていたつもりなんですが、完全に見落としてしまっていました(汗)
    結局また教えていただく形になってしまってすみません!

    「パンドラ」というドラマは失礼ながら観たことがありませんでしたので、違いをくらべることはできませんが、私は相田さんのオリジナルが大好きなので、それをたくさん読めるのが純粋にうれしいです!
    しかも「最高傑作」とまでおっしゃるなんて、本当に楽しく執筆されたんですね!俄然楽しみになってきました~!明日にでも本屋に走りたいと思います(笑)

    ご丁寧にコメントをくださり本当にありがとうございました。そしてうちのブログを覚えていてくださってありがとうございます!
    ぜひ読ませていただきます^^
    2008年08月04日 23:00

この記事へのトラックバック