放課後は名前を呼んで ~辻村深月「名前探しの放課後」上・下

0417

他人からすればちっぽけなことに対して、びっくりするほど落ち込んでしまう夜のこと。
思うだけで涙が出るくらい大事な人のこと。大事な人の期待に応えられない悲しみのこと。
教室での、自分の立ち位置、棲み分け。逃げ続けることの楽さと息苦しさ。
他人と関わり、影響を与え合うことの幸福。


辻村深月の小説の魅力は、ミステリ的な展開よりもまず、その感受性の豊かさが第一なのだと思っています。
ふだんは見過ごしている感情の機微の細やかな描写。それが、私が辻村深月を読みたいと思う理由だし、読み始めたらともかく最後まで読みとおさずにはいられない理由なんだろう。


なるべくネタバレしないように書くつもりですが、これから読む予定の方はご注意くださいね。


同学年の「誰か」が自殺した。
その三ヶ月前にタイムスリップした依田いつか(♂)は、クラスメートの坂崎あすな達の協力を得、名前を思い出せない「誰か」を探し始める。自殺を食い止めるために。
いやでも思い出すのは、著者のデビュー作「冷たい校舎の時は止まる」。
あちらは既に死んでしまった誰かを思い出すことが、今回はこれから死ぬ予定の誰かを思い出すことがテーマになっている。


私にしては珍しく(!)、早い段階で真相の見当がついた今作でした。
これはこのまま終わるはずはないな、と。私が気づくくらいだからみんな気づいてるんだろうな(笑)
気づいたといってもそれは直感みたいなもので、論理的に考えたわけじゃない。
だからもう一度読み返してみて、ここはそういうわけだったのかぁと発見する部分がたくさんあった。
三人称で、なおかつ視点を固定せず、同じ章のなかでも複数の視点がいったりきたりする書き方を採っているために、「Aが知っていてBが知らないことがある」という事実をあやふやにすることに成功している。
ミスリードってこういうふうにやるのか! と感心した。


坂崎あすなが大好きです。
自分で言うほど、かっこ悪くならないよね。お前、きちんとかっこいいよ。そう言ったいつかに同感。


みんなで知恵をしぼり、体を張って奔走するクライマックスは感動的だった。
特にあの人物が走るところ、ぐっときた。
たとえそれに見合う報酬をもらっていたにせよ。


最大の疑問は、

そんな簡単にだまされるかなぁ?
そんな簡単にだませるかなぁ?

ってところなんだけど、私が同じ立場だったらだまされていたに違いないので、何も言わないことにします。


それから、あの二人の「正体」もそうなんじゃないかなとうっすら予感があった。伏線もいっぱいあったし。
名前に仕掛けがありそうだな、と思ってたらほんとにそうだった。
でも、これは「あの作品」を読んでない人にとっては意味がわからないだろうし、それを最後の種あかしとして持ってくるのは不親切な気がする。
そこまでつじつま合わせちゃわなくてもいいのにな、ファンタジーでよかったのに。
掲載誌(メフィスト)的にはそれじゃだめだったんだろうか。


そのへんの感情はおいといて。
「あの作品」を読んだときは、あの二人が幸せに生きていってくれるように、ただそれだけを祈っていたので、今回二人のその後が描かれたことはもう単純に、本当に、とんでもなく嬉しかった。それこそ涙が出るくらいに。
よかったなぁ。



ちなみに
「冷たい校舎の時は止まる」の感想はこちら
「スロウハイツの神様」の感想はこちら


この記事へのコメント

  • たきゅ

    初コメントです

    辻村さんの感受性の豊かさには僕も驚かされるばかりです。
    感情の描写も、景色の描写も、普段は見過ごしがちな細かいことを思い出させてくれる気がします。

    僕も、ちょっと早い段階で「あ……もしかして」くらいに真相の予想はしてました。
    伏線がいっぱいあったので、感覚的に気づけたのかもしれませんね笑

    あと「あの作品」というのが気になります。
    僕は辻村さんの作品では、「名前探し」「ツナグ」「光待つ場所へ」しか読んだことがなく、それらの中ではそんなに気になることなかったと思うのですが……

    辻村さんの作品はこれからもっと読んでいこうと思うので、いつか「あの作品」にあたるのを楽しみにしています笑
    2011年01月29日 18:58
  • 三森紘子

    たきゅさんへ

    はじめまして、コメントありがとうございます!

    >感情の描写も、景色の描写も、普段は見過ごしがちな細かいことを思い出させてくれる気がします。

    本当にそうですよね。辻村さんの作品を読むと、今まではっきりと意識したことのなかった感情に名前をつけてもらえたような気持ちになります。

    >あと「あの作品」というのが気になります。

    おお! それはですねえ!…とすぐさまお教えしたい気持ちでいっぱいなのですが(笑)、
    たきゅさんの楽しみを奪ってしまうのも申し訳ないので、ここは秘密のままにしておきますね。
    私も「ツナグ」や「光待つ場所へ」は未読なので、読める日が来るのを楽しみにしています^^
    2011年01月29日 22:02

この記事へのトラックバック