光る走路 ~佐藤多佳子「一瞬の風になれ」3

0503

…おもしろいっ!
第一部よりも第二部のほうが、第二部よりも第三部のほうが確実におもしろかった。素晴らしくスロースターターな小説でした。


でも、新二の成長を描くためには三冊という分量が必要だったのだと今ならわかる。
足が速いだけで陸上のりの字も知らなかった新二が、連や仙波と競い合えるまでになるなんて…。
身体だけじゃなく心もこんなにデッカくなるなんて…。
なんだろう、もうすごい。すごいすごい。こんなにすごいって思えるのは、やっぱり第一部から通して読んでこそなんだろうな。


健ちゃんの背中をずっと見てきて、連と一緒に陸上部に入って、根岸たち同級生と出会って、みっちゃん先生と出会って、他校のライバルと出会って、守屋さんたち先輩を送り出して、桃内たちが入ってきて、そのあと鍵山たちが入ってきて。
新二が感じたこと、考えたこと、悩んだこと、わかったこと、信じられたことはみんな、陸上に出会って、たくさんの人々と出会って、新二の中に生まれたものなんだなぁ、だからこんなに光り輝いてみえるんだなぁと思うと、まるごと抱きしめてしまいたい気持ちになった。
新二だけとかじゃなくて、部員のみんなもみっちゃんもライバルも家族も、そこにある空間全部まとめて!


新二はつくづくキャプテンに向いていたなあと思った。
人のことを本当によく見ているし、よく考える。まわりを気にせずにはいられないんだな。
それで自分をないがしろにしたりペースを乱されたりするんじゃなく、まわりの人たちの思いを自分の力にしていくことができる。
自分が「できない」ということにくさらず、反復練習を苦にしない粘り強さを持っている。そして、強い相手を目指すモチベーションを常に持っていられる。
あっけらかんとそういうことができてしまう新二の陽のオーラに引っ張られる。あざとさや嫌味がちょっとは出そうなもんなのに、それが全然なくてとても気持ちがいい。


最後の4継リレーのくだりを読みながら、「完璧」という言葉が頭に浮かんだ。
欠けているところがひとつもない…実際の走りだけじゃなくて、前日の失敗をフル活用して、4人が4人とも自分と他の3人を信じていて、みんな同じ気持ちだってことをみんながわかっていて、メンバーから外れた根岸たちも気持ちは一緒にリレーを走ってて、守屋さんたちが応援に来てくれて、しのぎを削り合うのにふさわしい、これ以上ないほどすごいライバルがいて…。
この一走をするまでに、彼らは数えきれないほど走ってきていて。うまく走れて笑ったり走れなくて泣いたり、頭と体がばらばらになってしまったりケガしたり気持ちが折れたり、そういうことを繰り返しながらだんだん強く速くなって、チームメイトと深く団結していって。


ああ、なんてすごいんだろう!
ジッとしてられん! なんか全身が熱くって!
興奮しすぎて、鼻息の荒いまま仕事に行ったりしていました(通勤電車で読んでたので)。


このあと、新二は谷口に告るんでしょうねえ。
きっとめちゃくちゃさわやかな告白シーンになるんだろうなああ。ああ書いてほしかった! 読みたかった!
こうなったら脳内補完だ!(笑)


第一部で読むのをやめなくてほんとによかった!
でもこんなに興奮させられちゃ、まともな感想が書けなくて困るよ、もう。
根岸がなんとなく好きだったな。あと守屋さんと、みっちゃんも。


1~2の感想はこちら


この記事へのコメント

  • みお

    三森様

    読後、ジャージ上下とスニーカーを買いに行かなきゃ!と無駄にアドレナリン(?)が出た私でした(笑)良かった!三森さんも「じっとしてられない!」ってなったみたいで!!(笑)体動かしたい!動かさなきゃ!ネットばっかやってちゃ駄目じゃん、アタシ!!って言う気持ちになったんですよ…(苦笑)単純な人間です(笑)

    充分「まともな感想」でしたよ!三森さんの感想読んだら、自分が3部読み終えた時の気持ちをまた思い出しました。あの厚さで3冊なので、友人に勧めるのもチョットためらわれるんですけど…本当は是非是非読んでもらいたい小説です。三森さんの感想を読んで拡がって行くといいなぁと思ったり(人任せ:苦笑)

    私は自分も陸上をやってたんで、
    ◎みっちゃんみたいなコーチに出会えてたらなぁ…
    ◎守谷さんみたいな先輩に…(以下略)
    ◎根岸みたいな…(以下略)
    って登場人物全てがキラキラ眩しくて…新二がすごく羨ましかったですね。「男子っていいよなぁ~」って言う、おお振り読後と同じような感想を呟いたりもして…(笑)

    素敵な感想ありがとうございました。再読した気分になりましたよ!!
    2008年05月03日 23:14
  • 三森紘子

    みおさんへ

    コメントありがとうございます!

    なんかもう、読んでてすごいワクワクドキドキして、わー!こりゃおもしろい!ってほんとに思ったんですけど、それをうまく言語化することができませんでした…。1・2のときに期待させるようなこと書いといて、結果がコレでどうもすいません;
    でもちょっとでも喜んでいただけたなら良かったです。うれしいお言葉ありがとうございます…!<(_ _)>

    そしてみおさんは陸上をされてたんですね!すばらしいです!
    競技場の空気とか、タータン(でしたっけ…?)に入るときの気持ちとかをリアルに体験されてるんですね。私は想像するしかなかったのでうらやましいです。
    新二たちのチームは、すべてのチーム競技やってる人の理想形なんじゃないかと思いました!

    これは絶対三冊まとめて読むべきですよね。私ももっと早く3部読めばよかった(笑)
    2008年05月04日 15:41

この記事へのトラックバック