レッツチーズフォンデュ! ~増田こうすけ「ギャグマンガ日和 公式キャラブック こぞりこぞって大集合 日和キャラ大全集~kozorimakure~」

0511

とりあえずタイトルが長い! そして増田先生はどんだけ「こぞる」という言葉が好きなんでしょう。
前に出てた日和のファンブックはちょっと微妙だったので、今回も買おうか迷ってたんだけど、このタイトルと、新作マンガに新作小説(!)収録という情報と、表紙の仁王立ちする太子のお姿には勝てず、買いました。


カバーはリバーシブルになっていて、裏面は「夢野カケラの初めてのファンブック(嘘)」です。
途中まで素直に喜んでた夢野先生がおいたわしい…。
ポストカード2枚に、メカマツオ1号とラヴ江のペーパークラフトも付いていて豪華! ペーパークラフトはヒマでヒマでしょうがないときにでも作ろうと思います。ラヴ江のほうが難易度高そう。


キャラブックの名に恥じず、今まで登場したすべて(?)のキャラクターを紹介。
その数なんと1493。編集さんすごすぎる! もし増田先生本人が携わってるとしたら更にすごすぎる。
半分くらい忘れてたよ、登場キャラ。


併せてキャラ人気投票の結果も発表されておりますが、

1位:松尾芭蕉、2位:聖徳太子、3位:小野妹子、4位:河合曽良、5位:うさみちゃん・クマ吉(同票数)

という結果でした。
芭蕉さんまさかの1位!! とはいえ納得の1位です。
個人的予想では太子が1位かなと思ってたんだけど2位。でも1位との差はほんとに僅か。
妹子と曽良君は妥当だなあ。このトップ4は不動な気がする。
うさみちゃんとクマ吉が全く同じ票数っていうのが因縁を感じて怖い…。


私ならやっぱり妹子に一票です。なんか顔が好き。
増田先生も「顔が何となく好き」ってコメントされててちょっと嬉しかった。
「アホな太子をサポートできるのは妹子だけ。もし彼がいなかったらと思うと恐ろしい。日本は無くなっていたかもしれない。」というキャラ紹介に盛大に噴きました。
次点は夢野カケラかなあ。すごい応援したくなる。でもきっと、描くマンガは面白くないんだろうなあ。


実写版奥の細道は、きっとヒドイだろうと思っていたけど予想以上にヒドかった(笑)
芭蕉さんの顔の皮膚は何故こんなにもツヤツヤと黒光っているんだ!(笑)
しかも木に登って降りれなくなって「おりれ~ん」とか言ってる! 最高だ!
あと俳句コンテスト優秀作発表ページで、芭蕉さんと曽良君のセリフが入れ替わってるっぽい。誤植ですね!(←うれしい)
早速担当さんに電話して、「何で芭蕉がこんな口調なんスか!」「やっちゃったぜ」みたいなやりとりをしていたらいい。


小説はあの名作、「シール」の第3弾でした。
「感動巨編」というアオリ文句はおおむね当たっていると思います。読後せつない気持ちになりました。


うすた先生のファイト野村の大胸筋はリアルで怖いよ!


グダグダな感じになってきたところで感想を終わります。合い言葉はレッツチーズフォンデュ!(増田先生談)


コミックス9巻の感想はこちら


この記事へのコメント

  • NN

    前回のファンブックはちょっと微妙だった、と
    いうことですが、
    買わないほうが良いですか、ね…?
    日和大好きなので欲しいのですが、
    2000円はちょっとギリギリなので
    ファンブックの方はまだ買ってないんです。
    なので良かったら感想とか詳しく教えて欲しいです
    2008年05月17日 17:08
  • 三森紘子

    NNさんへ

    はじめまして、コメントありがとうございます!

    ファンブックなんですが…実は感想をお教えできるほど内容を覚えていないのです(汗)
    買ってすぐに読んだときに「うーん、微妙…」と思ったことは事実なのですが、人によって感じ方は違うでしょうし、私も今読んでみたら違う感想を抱くかもしれません。
    ただ、現物を実家にしまい込んでしまったので今すぐに引っ張り出すこともできず、何とも言えない状況でして…
    値段が高いのはCD-ROMがついてたりするせいなので、内容に見合った金額ではあると思います。
    こんなことくらいしか申し上げられませんが…お役に立てなくてすみません…!
    2008年05月17日 23:50
  • 透析鉄

    小生はこの作品には、例のアニメを某動画投稿サイトで偶然見たことより入りました。
    個人的には、やはり聖徳太子が主人公のマンガ、と感じております。
    確か7巻末に収録されているファン投票では太子が首位でしたね。
    やはり上四人、はガチだと思います(笑)。でその次がどうぶつ小学校かと…。
    三森さんは確か、以前の感想では「スーパー印象派バトル」を褒められていたと記憶しておりますが、小生もこの話はかなり好きです。
    やはり増田さんは歴史物?が良いような気がします。
    CD、も買ってしまっているのですが、増田さんが作詞されている、あのヘンな(むろん褒め言葉です)歌詞が異様に気になります。
    イラストを寄せている他の漫画家さんも、それぞれの好み?が出ているようで、楽しかったです。
    2011年11月25日 22:15
  • 三森紘子

    透析鉄さんへ

    お返事が大変遅くなってしまいすみません! コメントありがとうございます。
    アニメの日和は私も大好きで、うっかりDVDも買っちゃったりしたんですが(笑)、
    CDは、気になったものの手を出さずじまいでした。
    テーマソングいいですよね~! ついつい口ずさんじゃいます。

    >三森さんは確か、以前の感想では「スーパー印象派バトル」を褒められていたと記憶しておりますが、小生もこの話はかなり好きです。

    ルノワールとセザンヌ、大好きですね~。いまだに全エピソード中でも五本の指に入るくらい好きです(笑)
    太子が主人公…というのにも賛成です。やっぱり太子の出番がないと「何かが足りない」という気になっちゃいますね。
    2011年11月30日 20:54

この記事へのトラックバック