泣かない男と死なない男 ~成田良悟「バッカーノ!1931 鈍行編」「バッカーノ!1931 特急編」

0518

バッカーノシリーズ第二作目は、二冊で一対の話になっているこちら。
どっちか一冊だけだと「あれはどうなったの??」ってのが多くて、非常に気持ち悪い。ぜひとも二冊同時に読むのがオススメです。
「鈍行編」を読んだあと、続きが気になりすぎて「特急編」は二時間で読了しました(私にしては速い!)。
あ~スッキリした~。あ~面白かった~。


前作でフィーロ達がNYを舞台に馬鹿騒ぎを繰り広げてから一年後の1931年アメリカ。
大陸横断特急「フライング・プッシーフット」に乗りこんだ様々な思惑を胸に秘めた人々が、列車内を所狭しと暴れまわる。
「線路の影をなぞる者」――レイルトレーサーとは一体何者か?
生き残るのは誰か? 最後に笑うのは誰か?



普通にネタバレあります注意↓
もう、ジェットコースターのようなストーリーをただ楽しむだけですね!
同時進行する複数の物語が、思わぬところで交錯したり、相乗効果で思わぬほうに転がっていっちゃったりするのが楽しくって仕方がない。
でもよく考えたら、現実世界ってリアルにそういうものなんだよなあ! うわあ怖いね、面白いね!(まあ、実際にはここまでぶっ飛んだ人たちばっかり集まることはないだろうけど)


「鈍行編」は、泣かない男――ジャグジー・スプロットにスポットが、
「特急編」は、死なない男――クレア・スタンフィールドにスポットが、それぞれ当てられながらも、
たくさんの人間がそれぞれの信念のもとにそれぞれの生き方をする、スラップスティックな群像劇になっております。


「泣かない男」「死なない男」という各編の章タイトルが、秀逸だなぁと思う。
めちゃくちゃ「泣く男」であるジャグジーが、どういうときに「泣かない」のかを描くことで、彼が最も大切にしているものを。
不死者ではないから実際は「死ぬ男」であるクレアが、なぜ「死なない男」なのかを描くことで、彼の信条を。
つまり、二人の男の生きる姿勢を表しているのがすなわちこの章タイトルなんですね。見事だなあ。


やる時はやるジャグジーには惚れたよ…!(さりげなくファーストキスとか、刺青の理由とか)
チェスの最後に出た本音にもウルッときた(そんな目に遭ってきたら歪んじゃっても仕方ないよね…)。
そしてラッドをもうっかり好きになってしまった自分の心を疑った(笑)。
「ルーアを本当に愛している」っていう一点だけで、こんなにも。あんなにイカレた奴なのに! 悪人って得だよな(笑)


アイザックとミリアはもう愛するしかない!! 大好き!!

「大丈夫だミリア、俺の兆丁拳銃であいつらなんざいちころよ」
「本当に?」
「ああ、俺が今までミリアを見殺しにした事があるか?」
「ううん! 一度も無い! だって私まだ生きてるもん!」
「だろ? だからまあ、任せろ!」
「うん!」


兆丁って、そんなに腰に下げられるか!(笑)
二人を見ているだけで幸せだよー。


クレアとシャーネの恋路の行方が気になるところ…。なんかすごいカップルだなあ!
フィーロとエニスも結婚するってわかってるけど、どんな感じで進展するのか知りたいです。
そういえばジャグジーって子どもの頃に、何気にプロポーズ済ましちゃってるよね…天然タラシだ!(笑)ニースは幸せ者だねえ。


さー続き、続き!



「バッカーノ! The Rolling Bootlegs」の感想はこちら


この記事へのコメント

  • どうしましょwww
    バッカーノの話題があがるたびにテンションが・・(;´Д`)☆☆
    もうまさに馬鹿騒ぎ!!な列車編でしたねw
    実はわたし今でてるバッカーノの中で鈍行編だけよんでいません☆w(なぜか
    そろそろ買いたいなとは思ってるんですが^^;

    バッカーノは話のながれとともに一気によんじゃいますよね!!
    アニメから入りましたが小説も面白すぎです!
    みんなはっちゃけてるのに信念もっててすごく魅力的なキャラになってるんですよね!
    おかしな話ですww悪人ばっかりなのにw
    人間ギャップに弱いってことなんでしょうか・・・^^
    続きにも表れたいと思いますw
    2008年05月18日 23:50
  • ちなみにチェスの・・・

    あ。なんでもありません(ニコッ)☆それでは。
    2008年05月18日 23:52
  • 三森紘子

    春さんへ

    コメントありがとうございます☆
    そうなんですよね~、読み出すと止まらなくなってしまう魅力がバッカーノにはあると思います。
    「悪人ばっかりなのに」っていうのはほんとにそうですよね!
    あ、私はギャップにめちゃめちゃ弱いです(笑)そのせいでしょうか…

    「鈍行編」は、ジャグジーがかなりかっこいいですよー! ぜひぜひ読んでください☆

    >ちなみにチェスの・・・

    ああっ、また最後に気になることを~!(笑)
    そんな素敵な笑顔(想像)で!(笑) 早く続きを読みまーす!
    2008年05月19日 10:11

この記事へのトラックバック