おお振り感想(アフタヌーン2008年10月号)その1



ヘンな笑い声が出てしまった第60回です(笑)
あと、副読本(笑)としてコミックス3巻が手放せない!


☆ネタバレご注意☆とうとう始まった県大準々決勝、武蔵野第一高校VS春日部市立高校!
試合が序盤から盛りあがりを見せるその頃、西浦っ子は合宿でエロ話に花を咲かせておりました~☆ってオーイ!!(笑)
試合パートエロ話パートとの落差が激しすぎて、正直どうしたもんかと(笑)
えーと…とりあえず、試合パートから感想行きます☆





・春日部スタンド
「春日部は人気校だからなァ」とカグヤンが思うように、たくさんの人が訪れている春日部市立側応援スタンド。
OBのおじいちゃんたちが、年寄りネタで笑いながら観戦中です。
ああ~いいな~。元気な爺様たち。
特に、「こんなしてまた皆で集まって孫の応援できるとはねェ」って言ってるおじいちゃんの笑顔がスキ。

「あいつらはいつも通り 今日も勝つっつって出てったよ」

そして老人勢の中の一人・草ちゃんの孫である鈴木葵・涼の双子バッテリーが、とうとうご登場!!
3巻の顔見せから、長かったなぁー(本当に…!)。
タイトルページのアオリ文句がなんか浮かれててかわいい。
「きたぞ! 春日部TWINSバッテリー!!」って。横文字なのが(笑)


どうでもいいけど、「春日部」と聞くとク○ヨンしん○ゃんの「かすかべ防衛隊」を瞬時に思い出してしまう…


・榛名と加具山
武蔵野のベンチ。
春日部のノックが始まり湧くスタンドを見ているカグヤンに、榛名が声をかける。

「カグさん スタンド敵なのはじめてスか?」

榛名、いつのまに「カグさん」なんて呼び方するようになったの…!?
去年の時点では「先輩」だったし、今春でもまだ「加具山さん」だったのに!


応援人数では負けてても、女子の声はよく聞こえるから声量ではいい勝負だ、とカグヤンに言う榛名(と、いうことは春日部は男子校なのか)。
緊張をほぐそうとしてかけた榛名の言葉なんだろうけど、「まーでもオレは平気だよ 投げてる間はスタンド気にしてるよゆーねーし」と答えるカグヤン。

(つーか 榛名(おめー)がうしろにいると思ったら
たいてーのもんは怖くないんだよ)


「基本のキホン!」を読んだうえでこのシーンを読むと、本当に感無量というか…
この一年で、彼らがどれだけの信頼関係を築いてきたかってことですよね。
榛名の「カグさん」呼びにもそれが表れている。


榛名を見て「野球をやる気がなくなった」カグヤンの去年の夏。
お互いの胸の内をさらけ出して、本音で向き合って、一緒に勝ちを目指す、と決意してから過ごした日々の、ここが集大成なんだとしたら、勝っても負けても、カグヤンにとってこの夏は最高の夏になる。
カグヤン、がんばれええ~~!!


春日部は男子校じゃなかったですね! 3巻のおまけまんがで、千代ちゃんが春日部の男女の制服を着ているコマがありました。第一、「市立」なんだから共学の可能性高かったですよね。
忘れてた、うっかりうっかり☆(笑)ご指摘ありがとうございました!
でもじゃあ、なんで春日部は女子の声が少ないんだろう?


・実況&解説
「今大会注目の左腕榛名」が、毎回4回からリリーフすることについて、「試合の流れなんかを見て代えてるのがたまたまきっちり4回になってる」のではないかと見る、実況のおじさんたち。
まあ普通に考えて、「80球しか投げたくないから4回からしか投げない」というワガママが通ってるとは思わないよなー。
榛名、カグヤンたちが卒業した後も他の誰かに3回までは投げさせるのかなあ? それで勝っていけるのかなあ?
榛名のやり方はどこまで通用するんだろう。


そして、春日部も「注目のスラッガー高橋」という4番を擁している。
榛名との対決が楽しみだよ!


・試合開始

(どうか 今日もみんなが力出しきって そいで
なんとかして勝てますように!)


ベンチ前で、礼をしながら祈りを込める涼音っち。
マネジが願うのはいつだって、側で見てきたチームのみんなの勝利!


・福原の打席
先攻の武蔵野、1番バッターはショート福ちゃん。
応援団の福ちゃんコールに後押しされてのプレイボール(武蔵野の援団はブレザーなのね!それも素敵・笑)。
春日部のバッテリー、兄の葵は弟の涼が構えるミットに向かってボールを投げ込む。


…春日部のエースはアンダースローですか! うおお!
さすが双子、息ピッタリのサイン交換で打者に考える間を与えません。
1打席目は見送り三振。


ベンチに戻り、どうかと訊く仲間たちに「とりあえず仮想鈴木(葵)とは全くの別モンだ」と答える福ちゃん。
「あ やっぱりー?」と照れ笑いする大河(←昨日の仮想鈴木(葵)さん)、バッティング練習で投げてあげてたのね(笑)
「でも スピードもキレも 手ェ出ないレベルじゃないと思った!」と続ける福ちゃん、眉ナシ顔が素敵です。きっと情の深いイイヤツだよ。(←勝手な想像)


・戸塚・町田の打席
続く打席、戸塚も町田もバットには当てるものの、一塁に送球されてスリーアウトチェンジ。
でも、「いや! けっこー打てんじゃん!?」とベンチは行け行けモード。
気合い満点で守備につく。

(3回で交代とか ホントはかなり微妙なのに
周りも本人もすっかりそのことに納得してるよなァ)


「今日も3回まで頼むぞ」と大河に言われ力強く応じるカグヤンを見て、こっそりそう思う武蔵野の監督。
(オレはクチ出さんけど)とも思ってる。
榛名が武蔵野入学を選んだ決め手のひとつとして、「監督がなるべく不熱心なコト」というのがあったけど、この人がその「不熱心な監督」なんだろうか。
作戦とか指示とかそのへんは、主将の大河がおもにやってるみたいだし、けっこう「いるだけ」な監督なのかな。


・カグヤンの矜持

(県大の準々決勝に オレが先発してんだぞ
相手はどこでも 3回まではおさえる!)
(たった3回 20~30球しか投げないんだ
1球だって 失投しない!)
(ボール球でも 気合い入れて 投げる!)


自分に任された3回分のマウンドで、カグヤンができることすべてを出し尽くしてくれるといい。
榛名と比べるとどうしても見劣りするカグヤンが投げる3回までは、春日部側にとっても狙い所なわけで、のがさず点を入れようとしてくる。
出塁を許しながらも、4番高橋をライトフライに打ち取って1回を終わらせたカグヤン、やったね!
「しゃあ!」って言ってるのがめっちゃかわいいよ。
そして二遊間を抜けそうになった打球をキャッチした福ちゃん、ナイショート!


・春日部の3年生

「まァお前らの対決はオレも普通に楽しみだけど」
「はあ!? てめ プレッシャーかけんじゃねーよ!」


軽口を言い合う柴と高橋の横を、無言で通りすぎてゆく葵。
「葵 はりあうなよ」と柴先輩に言われて「ムッ」としてる葵がかわいいなー。

(はりあうとか アホか!
オレは3年のために投げてんだ
あんたらを甲子園に立たせたいんだよ!)


最後の夏に賭ける3年の思いがあって、その思いを成就させたくてがんばる1・2年がいて。
思いの連鎖はずっとつながって続いていくんだなぁ。いいなぁ、素敵だな。
そして柴先輩はかっこいいな(笑)


・2回武蔵野の攻撃
2死二塁で7番の榛名に打順が回ってくる。
顔を険しくするマウンド上の葵に対し、またしても「はりあうなよ!」と茶化す柴先輩。

(だからはりあってないっつの!!)

(そーやってイチイチリアクションすっから いつまでも遊ばれんだっつの)

顔は同じだけど当然性格は違うであろう鈴木兄弟。
やっぱり投手の葵のほうがどちらかというとわがまま且つ繊細で、捕手の涼のほうが冷静な判断力を持ってたりするんだろうか?
とりあえず葵は、「はりあうとかアホか」とか言ってる時点でもう、はりあう気満々だから(笑)


真ん中高めを振った榛名の打球は、高く打ち上がってフライアウトチェンジ。
ベンチに戻り「どーも打たされてるみたいスね」と分析する榛名。
人気の野球名門校は一筋縄ではいかない。

「幸運なのは今日が35℃越えの猛暑ってことだ
予定通りじっくり見て 球数放らして
アンダースローをへばらせて 後半につかまえンぞ!」


大河の檄に力強く応える武蔵野ナイン。
次の打席は5番の柴先輩だ、どうなる、準々決勝試合!


ってところで以下次号!
いやいや…他校どうしの試合をここまで詳しく見せてくれるとはうれしいかぎり。
でもそれだとさらに物語の進みが遅くなるけどね!(笑)まあ、いいか面白ければ!


この試合、個人的に一番注目したいのは、カグヤンと榛名の関係だったりします。
ハタから見れば理解に苦しむ加具山・榛名の継投を、「周りも本人もそのことに納得」するようになるまでのこと、納得してのぞむ試合のこと。
なんていうか、事はそう単純じゃないし、人それぞれ色々な意見が出るだろうし、それで本当にいいのかしら? と思わないわけでもないんだけど、今の2人が気のおけないとてもよい関係を築いているようにみえるのが、やっぱりうれしい。
言葉で言い表すとしたら、…戦友? とか、そんな感じ?



というわけで、ますますこれからの展開から目が離せないわけですが、その前にエロ話パートもいっとかないとだ(笑)



その2へ続く


この記事へのコメント

  • 夕日

    コンニチワ^^
    夕日です。

    双子バッテリーもカワイイし、
    榛名とカグヤンにも頑張って欲しいし、

    どっち応援すればいいのか分かりませんっ
    2008年08月30日 15:25
  • 三森紘子

    夕日さんへ

    こんにちは^^コメントありがとうございます!

    ほんと、「どっちを応援すればいいのか」状態ですよね!ううっ、どっちにも勝ってほしい…
    私はちょっとだけ武蔵野びいきの応援になっちゃいそうですが、実際にはきっと負けてるほうを応援するんだろうと思います(笑)
    2008年08月31日 22:24

この記事へのトラックバック