ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」11巻感想その1(三橋と阿部編)

その0はこちら


(阿部君はオレの力 を た……めしたハズだ
オレは 合格なのか あの打球は……)
(自信持たせてェのに ムズカシーな……)
崎玉戦の帰り道、電車内で少し話す三橋と阿部。
考え方が、頭の回転速度が、会話のテンポが違うせいで、いまだに意志疎通が困難な二人。
頭のなかではいろいろなことを考えていても、阿部にはなんにも考えてなさそうに見える三橋。
伝わったり、伝わらなかったり。あたりまえのことなんだけど、もどかしい。


(なるべく長く 大事と思ってもらえるように オレ がんばろう)

(阿部君がいて くれるなら オレは 大丈夫 だ)

(いつも いるんだ阿部君は 3年間 ケガも病気もしないんだ
他に阿部君がいなくなる理由ない…… よね?)

(もっと気を付けなくちゃ……
阿部君に嫌われたら オレはおしまいだ……!)



「よくそー次々不安をめっけてくるね」
過剰ともいえるほど繰り返し描かれる、三橋の怯えと危機感。
得られないことを恐れ、得られてからはそれを失うことを恐れ。
三橋が不安をなくすことができないのは、彼が他者を通してしか自分に価値を認められないからで、自分の価値を最大限に高めてくれる「他者」である阿部が自分の元を去ってしまうことが、恐怖以外の何物でもない。
阿部は阿部で、三橋の才能と努力に誰よりも惚れこんでいるのに、それを正しく相手に伝える術をよく知らない。


こうやって通して読んでみるとやはり、彼らが結ぶ関係の「異常さ」が際立ちます。
出会ったばかりのころに比べたら、(阿部父の言葉を借りるなら)格段に”うまく”やっていけてるのには違いない。
でも、会ってまだ三ヶ月なんだよなあ。大事なのは長さより密度であるとはいえ、人が人を知るには、その時間はやっぱり短い。


「全部 阿部君 だ オレ 調子いいの 全部……っ
だから オレは かっ かっ 勝ちたいんだ!」

(今日もこいつを勝たしてやる!)


阿部のために勝ちたい三橋と、三橋のために勝ちたい阿部と。
試合前にそう二人が決意するシーンは感動的でめちゃめちゃいいシーンなのに、尽くしてきたことが相手に通じてるとわかった阿部のうれしさが伝わってくるシーンなのに、どこか危うさを感じてしまうのは、私がこの先の展開を読んでしまってるからなんだろうけど。


(……阿部君の 手 オレと同じくらい冷たかった)

「阿部いないと負けんの?」
「阿部君 は いるんだ いつも」
「”いつも”」

「三橋君て 隆也のこと怖くない?」
(怖い)

(今がなんかおかしいのはわかってんだよ! だけど
オレはこれでも一生懸命やってんだよ!!)


田島によって、阿部父によって、提示されるその「歪み」に、二人は薄々感づき始めているのだけれど、だからといってどうにかすることもできず。
「お前が相手だからじゃないのお?」と父に言われて、かなり痛いとこつかれたんだろうなぁと思う、阿部は。
三橋は元々ああいう性格だけど、それだって誰とでも阿部のように接してるわけじゃないもんね。田島とは仲よしだし。
思わず三橋に「オレに不満とかある?」と訊いたりして、否定されて安心して、でも三橋にそうやって否定させてるのは実は阿部自身であって。


コミックス派の方にとってはネタバレになってしまいそうなので、この話はここで終わりますが、美丞戦、もう、すっごいですから!
ほんとにすごいです。西浦も美丞も。どうか最後までその目でお確かめを!(笑)


それとは関係なく、電車内で世間話する二人の姿はただもう喜ばしいかぎりですね。
といっても野球の話題オンリーだけど(笑)
ああ~、それにしても阿部は夏服似合うなあ!(←しつこい)
(はずんでいるぞ!)とうれしそうな栄口の表情にもうれしくなってしまう。
田島ですら空気を読んで見守っているし。なんていい子たちなんだろう。
自転車置き場での会話も好きでした。というか会話らしい会話ほとんどしてねえけどな(笑)待ってた阿部はえらいね、成長した(笑)


・三橋のおうち

三橋父がかわいくてたまらないよ!
息子に試合見に来るなって言われるんじゃないかという悩みを妻に打ち明けてうじうじしている父! 息子の言葉にいちいちドキッとしてる父!
なんでここの一家は揃いも揃ってかわいいんだろう! 癒し家族め!
そしてようやく帰ってきても焼きまんじゅうに夢中で父のほうをなかなか向いてくれない廉(笑)
包み紙を本能のままに破いてたり、ダダのこね方が「いまやいてえええ」だったり、ほんとに高校生かこいつ……畜生かわいい。
「お前はなんでもすぐ忘れスギ」「そっちこそ忘れてるんだからー」と言い合うご両親も仲が良さそうで何よりです。


・阿部のおうち

阿部も結構いい家住んでるよなー(笑)そしてここん家も夫婦仲良さそう。
試合のビデオに夢中で、阿部母に生返事する阿部がよいです。
他にもゲームは10時までって決められてるシュンちゃんとか、一杯しか許可されてない晩酌を大事にちびちび飲んでる阿部父とか。
しつけのたまもので、親子ゲンカしてても食器だけは片付ける阿部とか。
この父とこの息子じゃー、しょっちゅうケンカしてそうだなぁ(笑)

(オレ 友達いるよな)
(やっぱ 遊び行くなら中学かシニアの……)
(……アレ? 高校入ってから一回も連絡してねェ? し 来てねェ…?)


しょうがないさ、ずっと部活の毎日なんだから! 気にすんな阿部!(笑)




その2へ続きます。


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック