お客様は神様です ~中村光「聖☆おにいさん」3巻



ああいい表紙だ。
車窓のむこうに、ぼんやりタイトルと巻数が浮かんでいるのがすごくいいです。いいなあいいなあ。
って…毎回同じようなこと言ってますね。
抱く感想は1・2巻とほとんど同じで、もう新たに言うことは特になかったりします。
中村先生の描く聖人ワールドにすっかりハマってしまっているので、3巻も引き続きブッダとイエスがなんか色々やっている、という事実だけで幸せ気分です。
好きだー!


中村先生でなければ、このぬくぬく感とか、いい具合のすっとぼけ感は出せないんだろうなあ。
中村テイスト本当にいいなぁ。
同じ最聖コンビを題材にしても、違う人が描けば全然違う味わいのものになるだろうな。
(個人的には増田こうすけ先生の描く「聖☆おにいさん」は読んでみたい気がしますが・笑)


3巻では大天使4人、梵天さん、マーラさんなど、新キャラも続々登場ですが、私が好きなのは破壊天使ウリエルさんです。
初登場シーンからやられた! 笑った! いつでも顔が怒ってるのが好き! 電車の吊り革で体操の吊り輪をやったり、マッサージチェアのもみ玉と力比べしてるのが好き!(笑)
他の大天使3人も楽しそうでかわいらしいですね。カバー折り返し部分の、ちびっこい4人が特にかわいいです。


マーラさんには強く生きてほしい。
梵天さんの持ってきた聖人向けの情報誌の表紙に、「アラフォー」とかのノリで「アラミレニアム」って書いてあったのにめっちゃウケました。
さすが聖人、スケールが違う!


「あとはもう何も望まないよ……」と言うブッダの、境地に至った表情が好きです。
冒頭カラー扉のイエスの笑顔を見ると、ちょっと惚れそうになります。
「対冷房の最終形態」という表現が秀逸だし、「聖イエス」→「SAY YES」という流れにもすげえ! と思いました。


聖人ネタもややマニアックなものが増えてきてて、元ネタがわかんないものもあるんだけど、知らなくても全然面白いです。でも知ってたほうがもっと面白いんだろうな。勉強…するか…



1巻の感想はこちら
2巻の感想はこちら


この記事へのコメント

  • 日月

    私はまちゅださんの孫の運動会で
    「ミレニアム越えの友情パワー」がツボでした。(^^)
    イエスのお弟子さんや天使たちは割合しっていたのですが、ブッダ側のお弟子さんや関係者(神?)の方々はあまり知らなかったので勉強になります。
    2009年04月03日 10:23
  • 三森紘子

    日月さんへ

    コメントありがとうございます。
    >「ミレニアム越えの友情パワー」
    それもよかったですよね!(笑)
    まちゅださんは実はけっこういい人だったんだなあというのがわかったのもうれしかったです^^
    私も大天使の名前くらいなら知ってたんですが、「ディーバダッタ」とかになると全然知りませんでした。ほんと勉強になりますよね!
    2009年04月03日 22:01

この記事へのトラックバック

立川の本屋で聖☆おにいさんに遭遇!
Excerpt: ルミネ立川のオリオン書房でTシャツ姿の聖☆おにいさんに遭遇しましたよ。w( ̄Д ̄;) さすがは二人の地元、展示にも気合いが入っています。 (マンガでは立川の風呂なしアパートに住んでいる設定) ブッ..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2009-04-03 10:15