かわいい キャラクターの にちじょうまんがだよ☆ ~くぼたまこと「ファンシーGUYきゃとらん」1巻



掲載誌のアフタヌーンで全部読んで知ってるんですが、「これはまとめて読んだほうが面白いだろうな」と常々思っていたので、コミックスもついつい買っちゃいました。
やっぱり一気に量を読んだほうが面白いです。
それに装丁、かわいいし! タイトルに恥じないファンシーさ。
隅に小さく「きょとん」って書いてあるのがたまらん。かわいいよ、きゃと~。
そして、コミックスの天と地の部分(何て呼ぶのが正しい名称なのかわかりません)が、まるごときゃとらんの「柄」になってるのも注目です。あ、ある意味シュール!


子どもや女性に夢を与えるファンシーキャラクターの楽屋裏を描いたギャグ漫画。
愛くるしい姿と言動で子どもたちに大人気のファンシーキャラたちですが、普段はめちゃめちゃふっつーに日常生活を送ってます。
お風呂入ってなくて体が黄ばんできたり、ポリープ手術で入院したり、子ども向けの体操でヒザをやられたり、奥さんの連れ子とうまくいってなかったり、クリスマスには仕事仲間で鍋を囲んだり…
そのギャップを楽しむ漫画。


きゃとらんが時々「~~わ」という喋り方をするのが、所帯じみててすごい好き。
「ホント ここのパンの試食はいつも大きくてありがたいわ~っ」とか、「この前噛んだ右のほっぺたの内側 やっぱり口内炎になってるわ~~」とか。
ファンシーキャラにあるまじき台詞群、いいわ~。


後輩もいっぱいいるみたいだし、面倒見いいし、キャリアはわりと長いんだろうね、きゃとらんは。
でも極端に貧乏暮らしで、仕事も他のみんなよりは少ないみたい。あんまり売れてないのか…。かわいいのに。
ファンシーキャラ的には売れてないけど同業者からは慕われているというポジションは、芸能界にもそういう人いそうで、妙にリアルです。


トップキャラクター(「トップアイドル」のノリで)のまっくんの大御所感も良いし、ホラー部門新人キャラクターのノーマン君(根っからの殺人鬼)も好き。
ノーマン君はよく気のつく好青年だけど、同じ新人でもはっとんとかえら君の態度には若干イラッとくる(笑)
ずっとガム噛んでるし…挨拶は首だけのお辞儀だし…イライラ(笑)
そんな子らにもよくしてあげるきゃとらんはホント気のいいやつだなあ。


こういうギャップを描くのが、くぼたさんのいつもの作風みたいですね。
代表作「天体戦士サンレッド」もちらっと立ち読みしてみたけど、サンレッドが横暴すぎるのがちょっとイヤだなあ…と思ってしまったので、私には「きゃとらん」くらいのどかなほうが合ってるみたいです。
でも機会があったら「サンレッド」もちゃんと読んでみたいなあ。


この記事へのコメント

  • 赤魚


    こんばんは!お久しぶりです!

    きゃとらん、紘子さんの記事を見てすごく読みたくなって買っちゃいました!

    きゃとらん丸ごとクリーニングされるのに物凄く笑いました…
    舞台が川崎という事で 実は地元だったりするんですよー!
    なので 地元ネタでもかなり楽しみました。

    紘子さんのおかげで良い漫画と出会えました^^
    サンレッドの方も 早く読みたいと思います!それでは☆
    2009年04月27日 00:21
  • 三森紘子

    赤魚さんへ

    こんばんは、コメントありがとうございます!
    お返事が遅くなってしまってすみませんでした!

    わ~い、赤魚さんはきっとお好きそうだなーと思っていたので、うちの記事がきっかけで読んでくださってすごくうれしいです^^
    クリーニングのネタいいですよね。素材とかまで明らかになってたりして(笑)
    しかも赤魚さんの地元が舞台だなんて…うらやましすぎます!

    私もサンレッド、ちゃんと読んでみたいです!
    ありがとうございました☆また赤魚さんのブログにも参ります!
    2009年04月30日 00:28

この記事へのトラックバック