感化はされない、でも看過できない ~佐藤友哉「青酸クリームソーダ <鏡家サーガ>入門編」



自意識の袋小路、「読みたいやつだけ読め」というような喧嘩腰、ああ、佐藤友哉だ。
わかってくれない、わかりあえない、わかるはずもない、という前提で書かれた物語? 「わからない」ということを共有するための物語? 嘘だけど。(公彦に倣って、なんでもアリな表現を使ってみました)


普通の大学生、鏡公彦18歳。
ごくごく平均的な、何気なくコンビニエンスストアに
行こうと思って出かけただけの夜。
運悪く、最悪なことに目下殺人中の灰掛めじかに出会ってしまう。
それを「見て」しまった責任を取らされる公彦。
それは、めじかの「殺人の動機」を1週間の期限で探ることだった――。
(裏表紙より)



待ってましたの<鏡家サーガ>シリーズ続編。
でもちょっと物足りなかったかも…。ミステリ的な驚きがもう少し強く欲しかったです。
別の佐藤作品ならそんな風には思わないんだけど、他ならぬ<鏡家サーガ>だから期待が大きくなってしまうのです…
「水没ピアノ 鏡創士がひきもどす犯罪」が本当に鮮やかだったから、余計に。


それとも単に私が、創士をわりと好きで、(今回の主役である)公彦はあんまり好きじゃないからなだけかもしれない(笑)
鏡兄弟はみんなどこかおかしい人たちばかりだし、共感できるとかは一切ないけど、それぞれ魅力的ではあると思う。
でも、公彦のことだけはびっくりするほど好きにならない(笑)。いいと思える部分がいっこもないなあ…なんでだろう…
しかし「川本真琴の悪口はやめろ!」には賞賛の拍手を送ります。川本真琴はいいよねえ。


これまでもこれからも、人に勧めることはないです。でも、続編が出たらきっと読む。
なんだかな、なんでかな。きっとこの先も無視することはできないんだろうな。悔しいな。



「フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人」の感想はこちら
「1000の小説とバックベアード」の感想はこちら
「灰色のダイエットコカコーラ」の感想はこちら
「世界の終わりの終わり」の感想はこちら


この記事へのコメント

  • 川本真琴情報局

    こんにちは。
    川本真琴さんが2月中旬に9年ぶりにアルバムを発売されますよ。
    2010年02月03日 17:12
  • 三森紘子

    川本真琴情報局さんへ

    こんばんは、コメントありがとうございます。
    9年ぶり! おめでたいですね。ぜひともチェックしておきます。
    情報ありがとうございました!
    2010年02月06日 21:43

この記事へのトラックバック