今日この手を取ったなら ~原作・有川浩/漫画・弓きいろ「図書館戦争 LOVE&WAR」4巻

図書館戦争(4).jpg


俺が 育てた
絞っても絞ってもへこたれないというのなら
本気でこの職業を選ぶというのなら
それなら 生半可なことでは倒れぬよう
他の誰でもない 俺が この手で



ひー、ラブい表紙だ! こんな甘々表紙の漫画を普段なかなか買わないので、レジに行くとき無駄にドキドキしました(笑)


3巻から続く稲嶺司令拉致事件は、アニメのときも好きだったエピソードでした。
郁の電話の言葉に込められたメッセージを即座に見抜く柴崎や、それを見越してすぐに柴崎を呼んだ上司たちや、堂上教官の「手だけの合図」や。
信頼関係なしにはできないことばかり。この人ならきっとやってくれる、わかってくれる、自分はそういう人と今まで一緒に仕事してきたんだという自信。
図書隊だけの話じゃなくて、どんな仕事にも通じると思うんですよね。見習いたい。プロフェッショナルになりたいなあ。



郁と堂上教官の出会いのエピソードも。作者コメントで気づきましたが、「王子様=堂上教官」だっていうのが作品内ではっきり明かされたのはここが初めてだったのか!
ま、バレバレだったけど(笑)
自分が助けたことで、危険な道を歩ませてしまったと責任を感じている堂上教官にとって、郁は絶対に無事でいてもらわなければならない存在で。
そこで「守る」だけではなく「育てる」という選択肢が出てくるのがとても堂上教官らしいなあ。
守ることにはどうしたって限界があるから。一人でも立てるようにしてやれるのが、本当の意味で優れた上司なんだと思う。



感想のたびに毎回叫んでたけど、堂上教官のカッコ良さについては、もう、いちいち言わなくてもいいですよね…
「よくやった」とか、頭ポンとか、「触るな」とか、死にそうになりました。
キスするかと思った~! …なお約束もやってくれて、楽しいっすわー!(笑)



犬好きエピソードよかったです。手塚も子犬のかわいさには勝てないのね~。
助けにきた堂上教官にすがる子犬、まんま郁じゃんと思ってしまった(笑)



 

3巻の感想はこちら


この記事へのコメント

  • りる

    こんばんは!! 先日は嬉しいコメントをありがとうございましたw
    いやはや、本当にラブい表紙ですよね!! 私も『LaLa』の予告で初めて4巻の表紙を見たときに絶叫しましたもの(笑)。 はやく本編でもこんな二人が見たくて仕方ありませんw

    >3巻から続く稲嶺司令拉致事件は、アニメのときも好きだったエピソードでした。

    私もです。 もう本気で稲嶺指令が好きなので、今回のイマイチ緊張感のない様子=図書隊への信頼にも、心打たれました。 もちろん、堂上の「手」だけで全部分かっちゃう郁ちゃんも、すごく良かったですよね~。

    >堂上教官のカッコ良さについては、もう、いちいち言わなくてもいいですよね…

    そうなんです、もう、メロメロです…(笑)。 どうやったらあんなカッコ良くなれるんだ!?と心奪われまくりです。 次巻もメロメロさせてくれると信じてますw
    2009年09月19日 20:04
  • 三森紘子

    りるさんへ

    こんばんは!コメントありがとうございます☆
    そうそう、私も表紙のラブさに見た瞬間ぎょえーとなっちゃいました(笑)

    >イマイチ緊張感のない様子=図書隊への信頼

    そうですよねー、稲嶺司令は危険な目にあっても、いつも落ち着いてらっしゃるのが印象的です。
    それってやっぱり仲間への信頼があるからなんでしょうね。何があろうと自分のゆく道は変わらないし変えない、という覚悟もお持ちなんだろうなと思います。

    堂上教官には本当に、いいように踊らされまくりですね!(笑)
    次巻もメロメロを大いに期待しましょう^^
    2009年09月20日 20:42
  • 涼音

    初めまして。涼音と申します。
    りるさんのブログのコメントを見てきました。
    図書館戦争、いいですよね!!
    あたしもファンの1人です。

    表紙は~~!!
    レジにもっていくときにドキドキしたの分かります=笑

    >俺が 育てた
     絞っても絞ってもへこたれないというのなら
     本気でこの職業を選ぶというのなら
     それなら 生半可なことでは倒れぬよう
     他の誰でもない 俺が この手で

    思わず、はぁ~wwっといった感じです。
    甲殻が上がって仕方ありませんでした 笑

    次回も楽しみです^^
    それでは、お邪魔しました。
    2009年09月24日 20:45
  • 三森紘子

    涼音さんへ

    初めまして、コメントありがとうございます!
    そうですか~、りるさんのところから! うれしいです^^

    表紙、ほんとにやばいですよね…
    少し未来の2人なのかなー? と思ったりしました。
    4巻の時点じゃまだ、こんなふうに平然とラブラブできる段階ではないですよね(笑)

    引用した堂上教官のモノローグも、大好きです!
    郁に対する想いの深さが伝わってきて、この上なくニヤニヤしてしまいます^^

    続きもほんと楽しみですね!
    ありがとうございました☆
    2009年09月25日 13:51

この記事へのトラックバック