ケツマツ。 ~鈴菌カリオ「Sillyなコダマ!!」3巻

Sillyなコダマ!!(3).jpg


最終巻・・・だと・・・?



とか、ブリーチ読んだことないのにブリーチネタ(で合ってますよね…?)で始めたくなってしまうほど、3巻での完結が残念すぎるぜbaby!
うーんでも、長編向きの作風じゃないから、このぐらいがちょうどよかったのかなー。



帯からして、「ケツマツ。」だの、「愛で、お尻が張り裂けそう!!!!!!」(←よくよく考えるとかなり危ない台詞である)だの、「全3巻でデザインバラバラ超オシャレ!!」だの、本編の内容が推して知れる相変わらずな感じでしたが、ラストはなんだか超爽やかに終わりました。
尻子玉を食べないせいで衰弱し続けるぐりま、ぐりまにコダマの尻子玉を食べさせる決意をするるりだ。
愛する人の正体(それは河童です)を知ってしまったとき、コダマが取った行動とは?



先の展開はまあ予想通りだったのですが、その予想をどのように描いてくれるかが楽しみだったので、満足でした。
コダマはそうだろうなー、そうするだろうなー。そのオチはすごいわ。
コダマを失うのを恐れるあどー君の変化のほうが感動的でしたね。
とりあえずこんなにいやらしさの感じられない乙女の下半身露出は見たことがないです。



今回も色々とコダマの名言・迷言があったんだけど、あまりにもお上品すぎて書けねえよ(笑)
「喰わない。」が特に大好きでした。



2巻から引き続きのすもう大会で、ぐりまとか倫之助とか、その回の主役をさしおいて、会場に颯爽と現れた京ちゃんの姿を、忘れることができません。
…イヤ普通さ…主人公がこんだけ特異なキャラクターなら、その友人は常識人として描かれるものではないのだろうか。
それなのに京ちゃんったらコダマをしのぐ勢いでエキセントリック街道を突っ走っている。我が道を往く人である。なんというか、脱帽である。かぶってないけど脱帽したい心境である。
徹夜をしたコダマを「スゲー大人って感じ!!!」と讃える京ちゃんが好きです。きっと心は小学生のまま大人になるのでしょうね。



そしてぐりま&るりだの河童スタイルがほんとにめちゃめちゃ可愛かった。お目目こぼれおちそう!
回想シーンも可愛かったなあ。ていうか河童って歳とらないの? でもコダマも愛の力でものすごく長生きしそうだし、大丈夫か。(←?)



あとがきまんがによると、次回作については「何を描いたらいいか分かりません。どうしたらいいのか分かりません。」ということだそうですが、早く次回作を描いてくれないと困ります(何様だ)。
魔ってます! ヘンな変換でた! じゃなくて待ってます!




1巻の感想はこちら
2巻の感想はこちら



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック