もう3年生だもの ~たかぎなおこ「ローカル線で温泉ひとりたび」




ひとりたび3年生にあたるのかな? たかぎさんのひとりたびシリーズです。
今回は「ローカル線」そして「温泉」という縛りがついた企画。
北は北海道から西は愛媛まで、ガタンゴトンと電車に乗りまくり、温泉入りまくりのたかぎさん!



一番行きたいな~と思ったのは、福井の「えちぜん鉄道ぶらり旅」。
カニはそこまで好きなわけじゃないんだけど(食べすぎると体がかゆくなる…)、
一度は行ってみたいのよ、福井県立恐竜博物館に…!
想像以上の恐竜のデカさにちびりそうになりたい。そして己の小ささを思いたい。
それから、富山・氷見の「忍者ハットリくん列車」にも乗ってみたい! シンちゃんカワイイ…
「藤子B先生」にはウケた(笑)
道後温泉も死ぬまでには一度は…!



たかぎさんはいわゆる鉄子さんではないので、あまりマニアックな鉄道ネタも登場せず、そのあたりもとっつきやすくてよかったです。
「スイッチバック」とか、こないだ鉄道好きの友人と会ったからたまたま知ってたけど…普通に生活してたら知ることのない用語だったことでしょう…(笑)
鉄道の世界は奥が深そうで興味あるんですが、何しろお金がかかりそうで、趣味にするには二の足踏んでしまいます…



そんな感じで楽しく読むことができたのですが、たかぎさんもひとりたび歴が長くなってきてだいぶ手慣れてきてらっしゃったというか、「はじめてのドキドキ」や「ひとりたびのドキドキ」があんまり感じられなくなってきている気がします。
(相変わらず(笑)電車を乗り間違えたりお財布を落としてパニックになったり、トラブルも起きてるんですが)
旅ガイドとしては、こっちのほうが正しい形なんだろうけど…やっぱり私は、「1年生」と「2年生」のほうが好みかなあ。
でも、たかぎさんの本はうちの本棚内で読み返し率1位の座についているので(たぶん)、そのレパートリーが一冊増えたのは素直にうれしい♪



(それにしても、たかぎさんと違って私はいつまでたってもひとりたび進級できないな~…)



「ひとりたび1年生」の感想はこちら
「ひとりたび2年生」の感想はこちら


 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック