アニメ「おおきく振りかぶって~夏の大会編~」6話感想

第6話 「大事」 
脚本:水島 努 /  絵コンテ:大原 実 /  演出:岩崎太郎 /  作画監督:泉 広代



・タイさん
・沢
・三橋
・ハマちゃん
・梅



赤面ばんざい!




 

もう折り返し地点まで来てしまいましたね~。
木曜深夜に録画して、金曜の朝に早起きして観てから仕事に行くんですけど(←必死・笑)、
ほんとに一日ニコニコで過ごせるので大変ありがたいです!
週末のラストスパートに元気をもらってます! ありがとう!



で、今回。かなりカットされたエピソードがあるにはあったんですが、
あとで原作を読み返して初めて、しょうちゃんとかラーメンとか教頭先生とかがカットされてることに気づいたぐらいで、
実際にアニメを観ていたときには全然気になりませんでした。
いかにも端折ってるという感じもなく、違和感なく楽しめた。
以前いただいたコメントにもありましたが、原作で絶対に必要な部分は落とさずに、うまく作ってあるんだなーと感心しました。
描いてある部分を、丁寧にやってくれてるからこそだなあ。



でももう6話…。あと半分で、美丞戦ほんとに終わるのかな…ドキドキ
教頭先生はまだ登場のチャンスあるけど、しょうちゃんはアニメの出番ないんだと思うと残念です。ちょっと自慢げな栄口も観たかったんだけど。



ああんもう恥ずかしそうなタイさんがかわいくてどうしようもないよ! 沢もー!
あんまりかわいくて、花井たちのほうが年上に見えた(笑)
大地の暴走も沢の尻叩きもよかった。台詞がないからってイッチャンが消されてたのはちょっと悲しかった(涙)



電車内での三橋と阿部の会話が素晴らしかったです。
自分のためのコールドがうれしくて真っ赤になっとる三橋…かわいい…
お互いのこと思ってて、歩み寄りたいし理解したいんだけど、なかなか気持ちが伝わらない、というもどかしいくすぐったい様子が愛しくてしょうがない。
会話が弾んでうれしい気持ち、それをかみしめる三橋の気持ちが、とてもよく想像できる。



少し後の、花井と三橋の会話もすごい好きです。
花井は阿部みたいにすぐ怒ったりはしないけど、やっぱりなかなかかみ合わない会話。
すごく「あるある」な感じ…。
栄口とか泉とか、人の心の機微を読みとるのに長けた人間だったらわかるんだろうけど、大部分の人間は、三橋と喋るとこんな感じになると思うのですが。
会話できてうれしい三橋と、ひそかに応援してる栄口と泉にキュンとした。和むっつの…



阿部の「丸裸うんぬん」「わかった?」「おまえ榛名スキだね」「すごくラッキーだった」「しまいにゃ泣くぞ」「…オー」が好きだ!(多い・笑)
中村さんの声はいいなあ! ちょっとしたニュアンスが巧いなあ!



んでもって、越智先輩きたー!
おおお、お美しいー! 着替えのシーン映ってなかったけどこれは見えないほうが想像できてエロくていいわ(笑)
オイシイとこ持ってく友利先輩も麗しかった!!
「先輩くわしっすねェ」とニヤニヤしてる紋乃ちゃん&美亜ちゃんが超かわいかった。
あと、ワキを隠しながらドタバタやってんの大好きなんだよね! たのしー!



動く田島の「モモカーン」が観られてよかったっす!
その小玉スイカを、千代ちゃんが胸の前で持ってたのになんかウケた(笑)



三橋と田島の、
「阿部君いれば負けない」「阿部いないと負けんの?」「阿部君は いるんだ いつも」
のやりとりの不自然さが際立っていて、すごくよかったなあ。
それにしても三橋の、「オレ かなわないよー」の言い方のなんというかわいさよ…!
三橋はほんとにみんなに大事にされてるよな~、見守られてるよな~。



あああああ、「いっちにー ラーメーン」が猛烈かわいい……!!
呂佳さんの夢(ほとんど悪夢といってもいい)、見てるだけで心臓が痛くなった…
滝井監督と倉田も出てきましたねー、どちらも声合っててよい感じ!



「モモカン23歳」に内心どよめく西浦が! つーか花井が!
みんな知りたいけどなかなか聞けないところを、田島が代表して聞いちゃうところがいかにも、無意識に空気を読める末っ子気質だなーって感じ。



チアの二人が上着とジャージを脱ぐとこよかった! 思わずスロー再生しようかとおもった!(やってないけど!)
あーホント、赤面するハマちゃんとウメが最高です。しかし気持ちはわかるぜ青少年、だっていい脚だもの…(笑)



プレイボールとなったところで、以下次回!
次回は焼きまんじゅう! ダダこね三橋に会えるのがうれしい!!



前回の感想はこちら
アニメ「おおきく振りかぶって」(1期)の感想カテゴリはこちら
原作コミックス11巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント

  • まりお

    こんばんは三森さん♪(^_^) 2期もとうとう折り返し地点ですか~そう聞くとちょっと今から切なくなっちゃいますw


    〈前回の追記〉

    まず、

    前回は書き過ぎた~~~↓↓すみません(>_<;) なんでもかんでも書けばいいってもんじゃないですね、こういうのはやっぱり..(-_-; アニメのスタッフさんをよく見習わないと..

    で、こっからは本当に追記になってしまうんですが…(あんだけ書いといてまだあんのかよ、おれw)
     
    前回はおれ的には珍しく単行本も読み返しながらコメント書かせて頂いたのですが、10巻の崎玉の人たちのプロフィールの画がなんかおれ的にすっごくよくて!!♪♪ そのなかでも特に杉田が…特に杉田がヤバイです!!(>_<;)ww なんというか、かわ!!ww(ぜひ皆様にももう一度ご覧になって頂きたい!!との想いから書かせて頂くことにいたしましたw)

    あと、今さらですが…前回の三森さんの「原作はこんなじゃなかったはずよ!(笑)」にすごく笑わせて頂きました♪w

    〈ここから第6話について〉

    ・先週あれだけ期待してた→電車での崎玉との件が意外とあっさりで…(゜o゜)ポカーン 期待しすぎてたからかな…なんか物足りなく感じてしまいましたw まっ三橋と阿部の会話をガッツリ聞くことができたんでいいんですけどね~♪w

    ・三橋母の着信音→聴きたかったな~♪(^_^)w これはこれでギシギシ時代のエピソードとかやってる余裕なんてないですから…しょうがないw (普通にマナーモードでやり過ごしたスタッフをなんだか上手いと思った)

    ・チアキタ―――――――――!!!!!!(゜□゜;)wwww→デルモの先輩、ついに現る!!w 声がなんだか思ってたよりも可愛かったです♪♪(勝手にちょっとモモカンっぽいのを想像してましたw) ってかゆうりんさーーーーーーん!!!(゜□゜;) マジ綺麗ーーーー++ ってか、う…うつくしすぎる++(´人`+)  三森さんの“麗しい”という言葉が相応し過ぎます♪

    ・あっ美丞だ→夕焼けが綺麗&ひぐらしw 

    ・「阿部ウッゼェ」→(田島&泉)に笑 それを「オレは大事にされている」と受け取る三橋にも笑

    ・カントクの人の声→はもうちょっと若いのかと思ってた…(おれはなんか声に関していちいちうるさいな(-_-;)w)

    ・巣山母キタ―――♪w→巣山母、なんか好きです♪w (何告白してんだおれ…いや、ってかそーゆう告白じゃな(ry)

    ・しのーか制服かわいーなー♪w→あんま見る機会なかったかも

    ということで、今回は逆に意識しすぎてざっくりし過ぎちゃったかもです(^_^;)w

    あ~美丞戦も楽しみだ~♪それでは失礼します♪(^_^)
    2010年05月08日 02:48
  • とも

    こんにちは

    私も録画してるのですが、
    たまたま寝るのが遅くなり、ちょっとだけ様子見よう・・・なんてテレビつけてしまったのが間違いでした。

    「録画してるんだし、寝よう。」
    「でも、もうちょっと見てると『しまいにゃ泣くぞ』だ!」

    「さすがに寝よう」
    「あと少しで『そんなのかんけーないでしょ』だ!」

    と、天使と悪魔の脳内争議の末、最後で観てしまったド阿呆です。

    「しまいにゃ泣くぞ」の前、三橋の「阿部君はキャッチャーやめる?」の後、阿部君の顔が上がってくる間が最高でした。先週の予告編から吹き出してしまってたのですが。

    配球オタクの阿部君に出会えたことも勿論ですが、
    栄口君や泉君のように優しく見守ってくれたり、
    田島君のように魂で繋がれる?
    チームメイトに出会えたことも三橋君にとっては
    得難い幸運なんですよね。

    西浦のみんなは優しいなあ。

    そっか、来週は「焼いてぇぇぇぇ!」
    ですね。
    群馬の焼きまんじゅう、おいしいもんねえ。

    では。
    2010年05月08日 16:30
  • 三森紘子

    まりおさんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます!
    いえいえ、長いコメントほんとにうれしいです! それに見合ったお返事を書けないのは心苦しくもあるのですが、いただく分にはありがたいばかりです!

    >10巻の崎玉の人たちのプロフィールの画

    いいですよねー♪ 私も杉田が特にいいと思います!
    かわいいなあ杉…

    >「原作はこんなじゃなかったはずよ!(笑)」

    あの脚色はアニメスタッフさんの、水谷というキャラの捉え方がよくわかって、大変面白かったです(笑)

    電車の崎玉は、確かにすぐ終わりましたよねー。まあ、もともと原作のエピソード自体も短かったのですが^^;
    私も好きなシーンだったので、もっとたくさんページ数があったような気がしていました(笑)
    三橋母の着信音、鳴らしちゃうとその由来も言わなきゃならなくなりますもんね…
    おお振りアニメは本編がギチギチにつまってるから、他のアニメであるような「おまけコーナー」的なものがなくてちょっぴり残念だったりもします。
    でも、だからってこれ以上本編を削るなんて無体なことは言えませんから、今のままで十分なんですけど!(笑)

    声については、越智先輩は確かに想像してた「いわゆる美人声」じゃなかったです。
    でも可愛くてよかったv
    滝井監督の声は、そんなに特別気になりませんでした。威厳ある「カントク」なんだしあんなもんかなー?と(笑)

    >しのーか制服かわいーなー♪

    ええ!(大きくうなずいて)かわいかったですねー!
    でもスカート短いのにみんなより上の階段に座ってたので、「ああ、危ない…」とテレビの前で勝手にハラハラしてました(笑)

    美丞戦もそろそろ始まりそうですね! ああ楽しみ!
    それでは^^
    2010年05月09日 17:11
  • 三森紘子

    ともさんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます!

    >「でも、もうちょっと見てると『しまいにゃ泣くぞ』だ!」

    このともさんの独白に、思わず笑ってしまいました(笑)
    そうですよね、私ももしリアルタイムでテレビをつけたら、たとえ録画をしていても最後まで観てしまうと思います!
    だって、なんたって『しまいにゃ泣くぞ』ですもんね!

    >三橋の「阿部君はキャッチャーやめる?」の後、阿部君の顔が上がってくる間が最高でした。

    あそこはホントに最高でしたね。スゴイ速さでした(笑)
    阿部も、三橋の言葉にキレることに慣れてきたんだろうか…と思うほどの反応の良さでした(笑)
    そうですよねえ、三橋はチームメイトに恵まれていますよね。
    三橋への接し方についても、自然と役割分担がされているところなんて、ホントよくできた子たちだと思います。

    >群馬の焼きまんじゅう、おいしいもんねえ。

    そーなんですかー! うわー、いつか食べてみたいです^^
    2010年05月09日 17:12

この記事へのトラックバック