ひぐちアサ「おおきく振りかぶって」15巻感想




14巻の感想はこちら



舐めるように読みましたとも…



もう、ものすごい質量の思いが去来して、わけがわからないことになりますね。
特に最初の美丞の話では、和さんの気持ち、倉田の気持ち、呂佳さんの気持ち、滝井の気持ち、
いろんな気持ちがぶわーっとなって、もうすごい胸がいっぱいになってしまって、やっぱり泣いた。
でも、そのあと西浦でいろんなことがあって、もう本当にいっぱいいろんなことがあって、
そこで感じた思いなどがまたいっぱい出てきてぐちゃぐちゃーっと丸まって、
最終的にはびっくりするほど軽やかにぽーんっと上へ向かって飛んでいって、
そのまま戻ってこないけれど胸の中にはいま生まれた何かが確かに存在しているというような心持ちの状態が今です。



↑…なんだこの文章! 意味がわからない!
ごめんなさい、読まなくていいです!



あーアフタの感想書いててよかった…
これを今、一から全部書こうと思ったら、たぶん一ヶ月ぐらい余裕でかかる…(笑)



というわけで15巻収録分は、アフタヌーン掲載時にクソ長い感想を書いていましたので、もし良かったらそちらをご覧ください↓
そんなクソ長い感想をきっちり読んでくださった方もたくさんいらっしゃいましたので(うれしすぎる)、コメント欄もぜひ併せてお読みください!(と前回に続きしつこく宣伝)



2008年5月号その1その2
2008年6月号その1その2
2008年7月号その1その2
2008年8月号その1その2




以下はそれ以外の感想です!




 

・表紙カバー


なんか今までと違う! デザイン一新されてますねー。(ロゴとかは同じだけど)
ほんとに新章突入なんだー、というのがじわじわ感じられてよいなあ。



カバー全体が、一枚の絵になっております。
表紙に阿部・三橋・田島、裏表紙に栄口・沖・水谷・巣山。
折り返し部分に隠れてしまってるけど、西広・泉・花井・千代ちゃんもちゃんといるよー!
ついつい本体から外して、びろーんと広げてずーっと眺めてしまう…



びろーん
びろーん



真剣な表情で前を見つめる11人、見てるだけでワクワクしてきます。
千代ちゃんが入ってるのも嬉しいなあ。阿部が捕手の格好してるのも嬉しくって。



というわけなので、今回は折り返しキャラクタープロフィールはナシ。
次巻からはまた復活してくれないかなー? あれ地味に楽しみにしていますので。
次は春日部も出てくるしね! うへへ! なにとぞ!



・カバーはずしたところのおまけ


今回はまんがじゃなくて、阿部家の間取り図!(笑)
ああそっかー、事務所兼自宅なのね、阿部メンテナンス。
やっぱりいい家に住んでらっしゃる…庭ついてるしベランダ(?)も広いし2階にトイレあるし兄弟の部屋も別だし(しかも同じ大きさ)。
シュンちゃんが生まれてからこの家を建てた(または引っ越した)んだろうか、それとも2人ぐらい子ども作る気まんまんで最初からこの家に住んだのか…!(←ウルトラどうでもいい)
昼間は阿部父は事務所のほうに詰めてるのかなー?



阿部のお見舞いに行った帰り道の三橋と田島の様子も描かれてますね!
ああ…かわいい…またカレー食べたのか君ら…
三橋、ほんとに道全然わからなそう(笑)覚えなさそう! 一緒にいる人に任せっきりにしそう!



裏表紙側には、本編に出てきた目標設定用紙の説明や、「アメリカンノック」の解説(ありがたい。そういや意味わかんなくて調べたりしたなあ。要するにめちゃめちゃしんどいノック)などが書いてあります。
それから美丞の帽子のロゴは、「18」じゃなくて「B」の飾り文字なのだそうで。そんなとこ気にしてなかったわ…よく見てる人もいるんだろうなー。



・中表紙と目次


中表紙は「ゴックン しやわせ」の三橋じゃないか~、かわいい! でも、一番かわいいところが入ってないけど(笑)
本文中で刮目せよ、三橋のかわゆき胃袋を!!!



目次はカバーと同じ絵の横向きバージョンです。中央の田島と栄口が対になってるのがなんとなくおもしろい(笑)



・巻末おまけと16巻予告


巻末おまけでは、1~15巻までの流れがわかりやすくカレンダーになってます。
うん…そうか…西浦に入学してからまだ4ヶ月か……



話なげえ――――!!(笑)



と、今さらなことを思ってしまった(笑)
三星戦とか、いつのことだよって感じだもんねえ。でも作中では3ヶ月も経ってないんですよね。
うわー密度濃いよなあ。阿部は高校入ってから中学のやつらと一度も連絡とってない…ってショック受けてたけど、
しょうがないわ、そんな暇ないでしょうよ。
夏の合宿一日前の「雨」ってのもちゃんと書いてあって細かいなあと思った(笑)



さてさて次巻予告では、西浦の合宿の模様および、武蔵野VS春日部の因縁の対決が!
武蔵野編も相当長かったですけど、まとめて読めるのもまた楽しみです!!



・感想補足


かわいいぜ千代。頭の形がキレイだぜ!
阿部の両親はラブラブですね。
あれっ「ポンスカ」がないぞ? と思ったら、「ボカチッ」に変わってた。(花井が三橋の頭を小突くところ) なんでだー、まあどっちでもいいんですけど…
西広のポテンシャルの高さはすごいよね。来年以降がめっちゃ楽しみです。
吉田トク子さんがどこへ行ってしまったのか気になる。



・この一ページ


「……オレ今 あんま落ちてねェ 全然 ”必死”じゃなかった」の花井と田島


・この一コマ


「だよなああっ」の田島と三橋


・この一言


「目標立てたら実現できるってわけじゃない
目標は 自分がそこへ向かっていくって約束なんだ」
(花井)


・この笑顔


「うん!」の三橋
 次点:花井を見下ろすモモカン様


・この和さん


「だけどこんなの 一生引きずる傷じゃない」の横顔



↑ムリヤリ15巻のハイライトを選んでみました☆
(和さん枠があるのがうちのブログの特長です)
ほんとはもっともっとあるんだけど、キリがないのでやめときますよ。


15巻の続きが今すぐ知りたい! という方は、よかったらこちらのアフタ感想をどうぞ↓



2008年9月号その1その2
2008年10月号その1その2
2008年11月号その1その2
2008年12月号その1その2



コミックス刊行ラッシュはここでひとまずストップかなあ?
(ある意味)衝撃の事実も明かされる16巻、発売を楽しみに待っております~。



 



この記事へのコメント

  • こんばんは!
    はじめまして(^^)

    少し前からこっそり
    拝見させて頂いて
    おりますー(笑)

    最近から おお振りに
    ハマり始めたんですが、
    三森さんの感想blogが
    毎回おもしろすぎて
    ガン見です( ゜◇゜)

    本当におお振りへの
    愛情が伝わって来て、
    胸が温かくなります!
    いい作品ですよね(^^)

    コミックス派なので
    アフタは読んでない
    のですが、三森さんの
    感想を読むだけで
    場面を想像して普通に
    泣けます((;ω;`))笑

    15巻‥
    私の住んでる地域では
    入荷が遅いのでまだ
    手に入らないんですが、
    あと数日 楽しみに
    待ちたいと思います♪
    成長していく西浦ーぜに
    早く会いたい!(^^)

    夜分遅くに長文
    失礼しました;
    2010年06月25日 02:08
  • のっちょ

    はじめまして、こんばんは
    前々から読んでました。

    表紙は感動ものでしたよ!
    学校で広げて見て先生が来そうになったら仕舞うのが大変でした。笑
    三橋と田島よく食べるなー…。成長期万歳ですもんね!!
    カツ丼+アイス+カレー…あの2人の胃袋は…。

    個人的には和さんがまた野球する気になれるかどうかが疑問です。
    5対4って…悔しいでしょうに。
    準太もちゃんと部活やるのだろうか…


    乱文失礼しました!
    ではでは
    2010年06月25日 02:11
  • ボイス

    こんにちわ、過去のおお振りの記事読みました
    ありがとうございました

    おお振り大好きで、1期を地上波で見たとき
    続きを読みたくて刊行してるコミック読んだら、
    ちょうどアニメ化した分ぐらいまでだったので
    つづきをアフタヌーンで読めるよ
    たぶん数話ぐらいしか進んでないはずって思ったら・・・

    読んで見たら、なんか大会終わってるし・・
    えっ阿部怪我して病院きてるし・・・

    えっえっ・・・ってあまりの出来事に止まってしまい、色々調べたらコミックスになってないだけで実は4巻だか5巻分ぐらいコミック化してない話があると知り愕然としました(笑

    つづきが知りたいのに読みたいのに読めない
    そのまま我慢してコミック発売待ってたらアニメ2期がやってきて、中途半端に結末知ってる夏大会のみの1クールで楽しめたけどちょっとがっかり

    もういっそネタバレ感想してるブログ探して
    つづきをあらすじ程度でも知って、今月号のアフタヌーン読むかなって思って探してたら
    此処に行き着きました

    あらすじどころか、小説って感じに台詞まで詳細に書かれていて、キャラの表情や動きまで想像できるよな文章で最高でした
    おかげでつづきを全部知ることが出来て
    今月号読めます

    にしてもぜんぜん進まないですね(笑
    そうそうDEAR BOYSって知ってます?
    バスケ漫画なんですが、おお振りなみにゆっくりな長い試合に日常あり青春、恋愛ありのバスケ漫画なんですが
    1989年から連載を月刊誌でスタートして
    現在合計で57巻まで発売されていて

    2年の途中に転校生の主人公が来るところから始まって20年ちかく連載してるけど、まだ3年生で、主人公達の大会中って漫画なんです・・
    なんかおお振りもそうなりそうで怖い(笑

    では長くなってしまってすみません
    ありがとうございました
    2010年06月25日 16:40
  • さんご

    またまたこんばんは☆
    15巻ですが、23日の出勤前に購入してそわそわしていました!
    私はコミックス派ですが、三森さんのアフタヌーン感想でミハシの胃袋の所を読んでいて、どーしても読みたい衝動にかられていたのを覚えています。

    かわいかった・・・

    考え事をする隙も無いほど、練習に没頭できるっていいなぁと思いました。

    別記事についてですみませんが、「溺れるナイフ」は、大友がかっこいい巻だけ購入してしまいました!あとは、うっとなるので持っていません。
    2010年06月25日 19:49
  • 三森紘子

    銀さんへ

    初めまして、コメントありがとうございます!
    ガン見していただけているなんて、光栄です!
    おお振りはおもしろいですよねー!
    ほんとに大好きです。

    >アフタは読んでない
    >のですが、三森さんの
    >感想を読むだけで
    >場面を想像して普通に
    >泣けます((;ω;`))笑

    うわー、ほんとにですか!
    すごくうれしいです!
    「アフタを読んでいない人が見てもわかる感想を」というのが
    一時期の目標だったので、
    それは最高の褒め言葉です^^
    ありがとうございます。

    15巻は、もう手元に届いてらっしゃるでしょうか?
    もしよかったら、また銀さんの感想も聞かせてくださいね。
    それでは☆
    2010年06月26日 13:21
  • 三森紘子

    のっちょさんへ

    初めまして、コメントありがとうございます!
    感想を読んでいただけてうれしいです。

    表紙、感動しましたよね!
    広げたくなる気持ち、わかります。私も応団幕のように
    壁に飾っておきたくなりました(笑)

    >カツ丼+アイス+カレー…あの2人の胃袋は…。

    そうか、そういえばカツ丼も食べてたんですよね!
    す…すごいなあ育ち盛り…

    またいつか、和さんが野球をする姿が見られるといいですよね。
    1コマでもいいので! そのときは準さんも一緒で!(笑)

    ありがとうございました。のっちょさんのブログにもまたお邪魔させていただきますね。
    それでは☆
    2010年06月26日 13:22
  • 三森紘子

    ボイスさんへ

    初めまして、コメントありがとうございます!
    過去の感想記事を読んでくださったんですね。
    ありがとうございます! 古いのから順番に読んでいくのは不便だったと思います、すいません。

    >つづきをアフタヌーンで読めるよ
    >たぶん数話ぐらいしか進んでないはずって思ったら・・・
    >読んで見たら、なんか大会終わってるし・・
    >えっ阿部怪我して病院きてるし・・・

    そうですよね…コミックスになってない分がこんなに多いとは
    思わないですよね…(笑)
    うちのブログが、少しでもお役に立てたならよかったです!
    私の目を通した感想なので、きっとボイスさんの目から見たら、また違う感想が出てくるんだと思います。
    早く早く漫画を読んでいただきたい…! 
    今回の刊行ラッシュで少し間が縮みましたが、それでもまだ2年の開きがありますので、
    早く早く、16巻以降も発売してほしいです(>_<)

    >そうそうDEAR BOYSって知ってます?

    タイトルは聞いたことがあるのですが、読んだことはありませんでした。
    えっこれって、そんなに長く連載してるんですか!
    しかも20年も続いているのに、まだ卒業してないなんて…(笑)

    おお振りも50巻ぐらい続いてしまうのでしょうかねー(笑)
    うれしいような、怖いような感じです^^;
    でも、最後まで読み続けることができればと思います。

    ありがとうございました。それでは☆
    2010年06月26日 13:24
  • 三森紘子

    さんごさんへ

    コメントありがとうございます!
    うふふ、そんなに早く購入されたんですね^^
    私も、23日は仕事が終わってまっすぐ本屋に向かいました♪

    三橋の胃袋!
    かわいいですよね~~!! たまりません!

    >考え事をする隙も無いほど、練習に没頭できるっていいなぁと思いました。

    そうですよね、朝起きてから寝るまでずーっと野球づくし…
    考えたいことがあるときはつらいかもしれないけど、でもとっても充実した毎日なんだろうなあと思います。

    >「溺れるナイフ」は、大友がかっこいい巻だけ購入してしまいました!

    わー、その気持ちすごくわかりますー!(笑)
    大友はびっくりするほどかっこよくなりましたよね…
    購入されたのどの巻だろう…やっぱり表紙が大友の8巻かな??(笑)
    2010年06月26日 13:26
  • まりお

    いやーーーーいやーーーーあ!! まことに可愛らしき… いやいやすみません!!(^_^;)
    こんばんは!三森さん!! また今回も重なりましたね~~いろいろ(汗)前にもこんな事態が起きたことがあったように思われますが、、ファンとしては嬉しい限りでありますね♪♪ww

    まずは!(笑)単行本15巻!! 刊行がいつもよりすご~く急ぎ目だったのはやはりアニメに合わせるためだったのでしょうか? いやーでもどっち(コミックもアニメも)もよかったよ~~(:_;)www感涙 今回の15巻は試合のその後、そして新しい西浦の出発ということで大変自分にとっても思い出深く&特に好きな一冊となるのではないかってぐらいもう…好きです(≧Д≦;)ww


    まず!表紙ーーーーー!!!www→なんかおれ的に、、「いいんですか!?いいんですか!?こんなに豪華で!!!」って思ってしまいましたw はぁ~この画がプリントされたバスタオルが欲しい~欲しいよ~~ww

    ・初っ端こんなネタですみませんがw→花井ーーー!!いや梓ーーーーー!!(:◇;)ww 幼少時代の花井がかわいすぎる~~~(:_;)w そりゃ花井母も(同巻後半で)「かわいー梓はもーいないのねー」とか言っちゃうかもな~w いや!今の梓がかわいくないのではなく幼い梓がかわいすぎる!こりゃ、うん…w ついでに母自身も素晴らしくお綺麗でいらしてw 妹ズのこともあるしやっぱ花井家のDNAは美形なのだな~ww 

    ・「スタンドからのサインは 禁止だって知ってますよね」→和さんつよいな~w 普通の人だったらほかのチームの人にこんなコワいこと言えないよな~ でも、呂佳さんだからっていうのもあるんだろうな~… それと!!「家族のなぐさめも がんばる後輩も ズリーことして勝とうとする呂佳さんも 全部気持ちわりィ」の一コマ!!これがすごーく印象的でした~ 心理描写というか、台詞のつくり方?というかがやっぱりうんまい(お上手)!!ほかにない感じ…自分的に「ヤサワタ」的なひぐち先生を非常に感じた印象的なワンシーンでした

    ・滝井さんと呂佳さんの過去の話→そういう過去があったのですねー、う~ん、知れてよかった

    ・お医者さんと阿部→すごいわかりやすくそして詳細に捻挫のことについて描いてくださってるひぐち先生に脱帽wで! 先生(お医者さん)があまりにいろいろ言うもんだから許容量をオーバーしていっぱいいっぱいになってモモカンに助けを求めてる阿部が非常に“らしからぬ阿部”wでなんともかわいいww やっぱり阿部も高校生の子なんだな~って感じさせてくれる一面をたまにひぐち先生は描いてくださるから、なんかそういう場面をみると落ち着くっていうか、、どこかで安心してる(なぜだかw)自分がいてそういうシーン結構好きです♪w

    ・目標決定!!→う~ん、やっぱ“優勝”なんですね~ 最初書いた時も一人一人が本当に夢みたいだけど本っ当に努力したら届くかもしれない…そういう目標を書いたと思うんですよ、でもいい意味で引っ張られるというか、低い方に合わせるのは簡単だと思うけど、ほかの人を説得してまで!いっちばんの上を目指そうとする…な~んていいな~と♪w
    あと登場時の泉がカッコよすぎる☆w&やはり水谷は人から突っ込んでもらうために生まれし存在なのだろうか…w

    ・モモカンと花井→モモカン、花井に期待してるな~~&あんなポイントでふとした疑問を思い起こさせる運び?というかがなんとなく絶妙! めっさ気になる、残った1人の選手がめっちゃ気になるよ~www

    ・予備のキャッチャー→ちっちゃい声でさん付けしてる花井&グオーーン…ってなってる三橋&フホンイながらの田島 が、かわいい… ww ってか花井君それで全然いいじゃないか!w(からかわれてもめげるなw) 三橋~かおと態度に出すぎだよ~!w(「ホンットーに三橋君って…」) 「田島は三橋のにーちゃんだな!」w(2人のやりとりがめっちゃちっちゃい兄弟みたいでかわいいw)

    ・合宿だーーーー!!!→高校の部活といえば!!ですもんね~楽しみだ~♪♪ww 


    16巻はいつ頃になるんでしょうかね~………     www でも、楽しみに待ちたいと思います!!w

    アニメとアフタ連載の方のコメントもあるのでwコミック15巻のコメントはここまでーー!!(なんって自己中心的な!!w)

    すみません(^_^;)w それでは一旦、失礼いたします<(_ _)>w
    2010年06月27日 01:35
  • 三森紘子

    まりおさんへ

    こんばんは、コメントありがとうございます!
    重なりましたね~… 嬉しい悲鳴の毎日でした^^

    >刊行がいつもよりすご~く急ぎ目だったのはやはりアニメに合わせるためだったのでしょうか?

    きっとそうなんでしょうね。あと、あまりにも本誌掲載分とコミックス刊行の間に開きが出てしまっているので、
    「早く出してください!」っていう声が編集部にたくさん届いているのかなあ…と、勝手に想像していました。
    15巻は、いろんな意味でひとつの節目となるような巻でしたね。

    >はぁ~この画がプリントされたバスタオルが欲しい~欲しいよ~~ww

    バスタオルいいですね! でもそれ、絶対使えない!(笑)体なんてとても拭けない!(笑)

    >幼少時代の花井がかわいすぎる~~~(:_;)w

    ちび花井はめちゃくちゃ破壊力がありました!
    その後の花井母の「かわいー梓」という発言にすごい説得力が生まれますよね(笑)
    若い母もかわいいし…父もきっとハンサムなのではないかと密かに予想しています(笑)

    >和さんつよいな~w 普通の人だったらほかのチームの人にこんなコワいこと言えないよな~

    あそこで実際に釘をさしに行けるのってすごいですよね。
    和さんの「オレは呂佳さんとは違う」というモノローグを読んで、
    倉田に会いに行くのは和さん自身にとっても必要なことだったのかもしれないと思いました。
    「気持ちわりィ」っていう感情も…ほんと絶妙というか、リアルですよね。
    私もすごく印象に残るシーンでした。

    >モモカンに助けを求めてる阿部が非常に“らしからぬ阿部”wでなんともかわいいww

    そうそう、ミーッミーッとゆってる阿部(笑)すごいかわいかったです~。
    お医者さんの説明も、門外漢の立場としてはすごくありがたかったですね。

    >低い方に合わせるのは簡単だと思うけど、ほかの人を説得してまで!いっちばんの上を目指そうとする…な~んていいな~

    本当ですよねー! 一番高い目標を掲げてる田島に合わせて、他のみんなも自分をそこまで持ってきたっていうのがもう…
    すごく健全というか、あるべき姿だなーって思います。こっちまでいい方へ引っ張り上げられるような気持ちがします。

    早くも16巻の刊行が待ち切れませんよね(笑)
    楽しみに待ちながら、日々を過ごしたいと思います^^
    それでは☆
    2010年06月27日 21:58
  • さくら

    初めてコメントさせていただきます。
    三森様の感想をいつも楽しく読ませていただいております。

    私はコミックス派なので、呂佳と倉田の病院シーンを今回初めて読んだのですが、
    私も三森様と同じく、「吉田トク子さんがどこへ行ってしまったのか」とても気になりました。(笑)
    で、ふと思ったのですが・・・

    もしかして、非常に危険な会話をしている呂佳と倉田のすぐ手前に座っている白い帽子のおばさん(おばあさん?)が「吉田トク子」さんで、
    後ろの会話が気になってしまって(あるいはどうしても最後まで話を聞きたくて)、呼ばれても無視しているのではなかろうか?
    さらにもしかして、この人はARCの吉田主将のおばあちゃんだったりするのではなかろうか!?

    だって、このおばさん、画面に入り過ぎてる気がするんですよね。
    三森様はどう思われますか?

    それでは、これからも感想楽しみにさせていただきます。
    2010年07月03日 17:06
  • 三森紘子

    さくらさんへ

    はじめまして!コメントありがとうございます^^

    >もしかして、非常に危険な会話をしている呂佳と倉田のすぐ手前に座っている白い帽子のおばさん(おばあさん?)が「吉田トク子」さんで、
    >後ろの会話が気になってしまって(あるいはどうしても最後まで話を聞きたくて)、呼ばれても無視しているのではなかろうか?

    おおおお! 確かに…!
    このコメントを拝読してから、もう一度15巻を見返してみたのですが、確かに白い帽子のおばさんが目立っていますね! あ…ありえる…
    さらにARCのヨシとの関連性を疑うなんて、素晴らしい洞察力です、さくらさん!

    思いがけず、吉田トク子さんの謎(笑)に対する考察をお聞きすることができて、すっごくうれしいです!
    さくらさんの推理が正しいか否か、原作で暴かれる日が来るといいなあ^^
    想像の余地が広がる素敵なコメントを、ありがとうございました☆
    2010年07月04日 19:39

この記事へのトラックバック