ダイジェストでぶっ潰してやる ~篠原健太「SKET DANCE」14巻




ぎゃあー、表紙! 誰このかわいいの、と思ったらヒメコだった!
胸も太腿もプリプリですよ? 最近ヒメコぜったい胸おっきくなってるよなあ…とか、そんなことばかりを考えています…。
これがペロキャンガールの理想の姿だったんだろうなあ(笑)
カバー折り返しの3人もまあ~素敵で。ヒメコかわいいわ、マジで。



13巻から続いてた「椿と雛菊」後半戦、椿がかっこよかったー!
篠原先生も「最も少年漫画っぽいキャラかも」と書いてらっしゃいましたが、まさしく正しいジャンプの主人公…という感じでした(主人公じゃないけど・笑)
見開きページでツバキエクスプロージョンを炸裂させるとことか、ジャンプしてた、ジャンプしてたなー(笑)



またボッスンがかぶってた鹿の頭のカオがコワかった(笑)スガ鹿男って(笑)
スケット団も椿も、自分のしたいことしてるだけなんだなというのがわかる気がしました。
誰かに心配かけたり、迷惑かけたり。生きて誰かと関わる限り、避けられるはずもないこと。
一番大事なのはきっと、感謝の気持ちを伝えることなんじゃないのかな。ラストのデージーみたいにね。



安形たちが話題にしてるのって「はちがとぶ」の替え歌(?)ですよねー。懐かしい(笑)
でも私が歌ってたのは後ろにつくのが全部「る」のパターンでした。
それから「ぶるん」じゃなく「ぶるんる」だったなー。「ん」も一音と見なして。(どうでもいいけど…)



クイ研の2人はやっぱり美形だったか、そんなような気がしてた(笑)
ジェネシス、ついに世界大会(笑)キャプテンが出ると全部キャプテンに持ってかれちゃうよな~。「プリッツ」がかわいい。
出場するかどうするか決めるところの、3人のめんどくささが好きでした。



パソコンが壊れて喋れないスイッチが、モモカのライブに行く話には、いろいろやきもきさせられました。
筆談しかできないのに、途中でペンまでなくしちゃって、部室での会話に使ったあらかじめ言葉が書き込まれたスケッチブックしかないという。
限られた語彙しかない状態で、どこまでがスイッチの本心だったのか…



何ていうかこの時のスイッチって、「ペン貸すよ」とモモカが言ってるのに断ったりして、
わざと本心が見えないようにしてるとしか思えないんですよね。
あえてディスコミュニケーションを選んで、モモカにも言わせまいとして。



スイッチは、自分は人を好きになってはいけないと、まだ心のどこかで思ってるんじゃないだろうか。
沙羽ちゃんのことがあって、外へも出ず、喋ることも止めてしまって。
ボッスンたちのおかげで(←予想)普通の高校生活を送れるようになったけれど、スイッチはまだ自分の声を封印したままだ。
スイッチが自分の肉声で、周囲の人びとに思いを伝えられるようになるときが、「スイッチ・オン」というエピソードになるのかもしれないなあ。



…ライナーノーツに篠原先生が「今の時点ではあまり語る事はない」と書かれてるってことは、今後もスイッチとモモカの関係は変化していくってことで間違いないのかコレー!!
結城さんも登場してたし、これは後でトライアングル的な何かに発展するって伏線でいいんですか! そのつもりで待ちますよ!? よ!?



ペロキャンCMは…窒息するかと思うた。ヒメコの顔! 顔!!
最後のキュルキュル早回しで限界に…!(笑)



けど私も現担当さんと同じで、「快技・懐疑・会議」が今巻一番のお気に入りです。
ペロキャンCMのネタはジャガーさんとかでもできそうだけど、「快技」はスケダンでしかできない、スケダンならではのネタだったように思うので。
安形と榛葉のマネをするボッスンに笑った…なんで顔まで変わんねん… 最初のドラえもんの形態模写も好きだ~。
ミモリンになりすまそうと、前髪を上げているスイッチには萌えに萌えました!




13巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント

  • yuuuming

    ペロキャンガールの回は、
    ジャンプで爆笑しました。
    友人の家で読んでたんですが、
    人の家で抱腹絶倒でした。迷惑すぎる…w
    しかもあまりに気に入りすぎて、
    帰り際にもう一度読ませてもらったくらいですw

    ヒメコちゃんの胸、確かに大きくなってそうですね。
    少年マンガだし!潤いがないと!!ってことでしょうかww
    ボッスン、ヒメコ、ツンデレちゃんの三角関係がいじらしいです。。。
    2010年07月09日 04:07
  • 三森紘子

    yuuumingさんへ

    コメントありがとうございます!
    ペロキャンガール、ほんと笑い死にするかと思いました…
    人前で読んでたら、いろいろとヤバかったです(笑)
    もう一度読みたくなる気持ちわかります(笑)私も何度も読み返してしまいました^^

    ですよね!ヒメコの胸は成長してますよね!
    連載が進むにつれて、篠原先生の絵柄もちょっとずつ変わっていってますが、
    その過程で、胸もインフレ化していくのかなーなんてことを思ったりしました(笑)
    ツンデレちゃんの話は未見なので、コミックス収録が楽しみです♪♪
    2010年07月09日 21:26

この記事へのトラックバック