猫とコーヒーと強面 ~宮本福助「なごみさん」1巻




表紙が書店でもかなりの異彩を放っていましたが、
「宮本福助」の名前を見た瞬間、購入が決定しました。
顔はとっても怖いけど、甘いものと猫が大好きな山本和(なごみ)さんが営む喫茶店での、殺伐として穏やかな日々のお話。



典型的な「ギャップ萌え」の話でして、よくあるパターンではあるのですが、
この作家さんは何を描いてもある一定のクオリティに仕上げてくださるので、心配は無用です。
安心してギャップに萌えるもよし、この作品で新たにギャップ萌えに目覚めるのもよし。



なごみさん、とにかくかわいいぜ!
店を手伝う凛子さんは、なごみさんの実の娘なのだけど(「似なくてよかったねえ」とみんなに言われる)、
「面白いから」という理由で父親の仕事を手伝う筋金入りのなごみマニアだったりします。
気持ちはわかる(笑)
トイレで書道したり、碁石でお花ちゃん作ったり…その顔で「お花ちゃん」て!



脇を固めるのは、商店街のおっちゃんたちや、住職のじいさま(猫好き)や、なごみさんの昔の仕事(極道疑惑あり)の仲間たち。
毎度おなじみ、年齢層が高いです(笑)
女子高生が物珍しさで店にやって来たときもあったんだけど、その女子高生たちがぜんぜんかわいくなくておもしろかった(笑)
店の中で大騒ぎする様子は、なごみさんには熱帯ジャングルに生息するゴリラや怪鳥にしか見えなかったという(笑)



「第1和」で開店祝いに来た3人のうち、一番左のインテリヤクザっぽいおっちゃんが好きでした。再登場希望(笑)
あと、囲碁クラブにいた半纏に首巻きを巻いたおじいちゃん(写メールを使いこなす)も。
それから、看板猫の「おにぎり」が超かわいいです。愛想よしの器量よしだねええ~!



安定して続いてくれそうなので、2巻以降もほんと楽しみです。
タイトル通り、和めますよ。




「この度はご愁傷様です」の感想はこちら



 



この記事へのコメント

  • 日月

    三森さんが紹介されているのを見て、面白そうなので読んでみました。
    なごみさん、かわいいです!そして癒されます( ̄▽ ̄)娘の凛子さんの「趣味:なごみ」ってのもいいです。こんな喫茶店があったらぜひ常連になりたいですね。
    2010年08月31日 21:10
  • 三森紘子

    日月さんへ

    コメント&トラックバックありがとうございます☆
    うちの感想で興味を持ってくださったんですね、うれしいです!
    なごみさんはほんとかわいいですよね…。実際にいたら、私も毎日眺めるのが趣味になってしまいそうです^^
    こんな喫茶店、行ってみたいですよね~。
    2010年09月01日 19:39

この記事へのトラックバック

「なごみさん」 宮本 福助
Excerpt: おもしろい、おもしろいよ「なごみさん」!(*゜▽゜ノノ゛ もんのすごく強面(こわもて)の顔面をもつ和(なごみ)さん。実はいかつい風貌とは裏腹に甘いものが大好きで猫好き。 還暦を機に「道を極めたくて」..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2010-08-31 20:49