2010年に読んだ本10選

いよいよ年の瀬となってまいりました。
今年も、1年間によんだほんの総括をしたいと思います。



昨年まではランキング形式で、漫画部門と活字部門それぞれに1~10位まで順位をつけていたのですが、
今年は順位をつけず、また漫画と活字でそれぞれ5作品、合計10作品を選ぶという形にしました。
理由はいろいろありますが、年々順位をつけることがシンドくなってきたのと、合計20タイトルも選べるほど今年はほんを読めていない(読んでも感想を書けていない…)という2点が大きいです。



ランキング形式がお好きだった方(いらっしゃるのかな?)には申し訳ないですが、
読んでよかった!好きだ!薦めたい!という気持ちは今までと変わらずやっていきますので、よろしくどうぞお願いします。



☆ルールのようなもの☆
・2010年にこのブログに感想記事(単独のもの)を載せた本の中から選んでいます(※「今年発売された本」ではない場合もあります。ご了承ください)
・一作家につき一作品としました
・すでに完結している作品を優先しました
「おおきく振りかぶって/ひぐちアサ」は選ぶ対象から除外しました(今さらなので・笑)

参考:2007年に読んだ本ランキング2008年に読んだ本ランキング2009年に読んだ本ランキング



それではどうぞ↓
直前まで迷いに迷って、結構入れ替わりました~。




☆2010年に読んで面白かった漫画5作品(おお振り除く・五十音順)☆



・さらい屋五葉/オノ・ナツメ


今年、堂々完結したオノさんの時代劇。
起こる出来事を障子越しに透かし見るような、粋で艶のある、大人のための漫画でした。


感想はこちら→一~二集三集四集五集六集七集八集



・GIANT KILLING/綱本将也/ツジトモ


2010年の収穫といえば間違いなく、この作品と出会えたことを筆頭に挙げたいです。
完結していないけれど、これを挙げないうちには今年を終われないし、来年も始められません。面白さ爆発のサッカー漫画です。


感想はこちら→イントロ感想1~2巻



・誰が為に鋼は鳴る/天乃タカ


トンテンカンと鋼が鳴る町で、少女の成長を描いた佳品。
「夏目友人帳」なんかがお好きな方は、きっと気に入るんじゃないかと思います。


感想はこちら



・猫が箱の中/雁須磨子


年の差恋愛、そのための葛藤、将来が楽しみなちびっこ…と、個人的萌えツボを突いてやまない作品でした。
趣味まるだしで10選の中の1冊に選んでおきます。


感想はこちら



・魍魎の匣/京極夏彦/志水アキ


メディアミックスというものは両刃の剣ですが、このコミカライズはものすご~~~く良い方向へ転がった好例だと思います。
続編「鉄鼠の檻」も1月に単行本が出るので、こちらも今からものすご~~~く楽しみです!


感想はこちら→1巻2巻3巻4巻5巻




☆2010年に読んで面白かった活字5作品(五十音順)☆



・息もできない/ヤン・イクチュン/相田冬二


映画のほうは結局観に行けずじまいだったのですが、
それでも、相田さんのノベライズは一読の価値があったと思います。


感想はこちら



・カワイイもの好きな人々。(ただし、おじさんの部)/山下哲


二重の意味での「カワイイ」に、なごみまくりな一冊でした。
ぜひ続編を出してほしいです。


感想はこちら



・獣の奏者/上橋菜穂子


ここで言うことは何もないです。


感想はこちら→1~2



・サクリファイス/近藤史恵


烈しく高潔なロードレースの世界に、圧倒され、魅了された作品でした。


感想はこちら



・「戦う司書と世界の力」ほか「戦う司書」シリーズ/山形石雄


わけもわからず、物語の終着まであっちこっち引きずられ続ける…という幸せな読書体験でした。
全10巻となかなか読みごたえがありますが、予測のつかない展開に翻弄されたい方は是非。


感想はこちら




泣く泣く厳選しましたが、ここに挙げていない面白いほんは他にもいっぱいありました。
そして、私が読んでいないほんの中にも面白いものがいっぱいあるんだろうなあと思うと、
そわそわしてきて夜も眠れません(笑)
ほんとの出会いも、ひとつの「縁」です。
何に出会うか、何に出会わないかという境目には、きっと何かしらの意味があるのだと思います。
来年も、たくさんの面白いほんに出会えますように。





↓参考★過去のランキング(自分用の覚書です)





 


2007年


まんが
1位:団地ともお/小田扉
2位:フラワー・オブ・ライフ/よしながふみ
3位:道士郎でござる/西森博之
4位:黒博物館 スプリンガルド/藤田和日郎
5位:リアル/井上雄彦
6位:君に届け/椎名軽穂
7位:ダイヤのA/寺嶋裕二
8位:SPEED/原作:金城一紀 作画:秋重学
9位:群青学舎/入江亜季
10位:しろいくも/岩岡ヒサエ


かつじ
1位:アヒルと鴨のコインロッカー/伊坂幸太郎
2位:DIVE!!/森絵都
3位:中庭の出来事/恩田陸
4位:大延長/堂場瞬一
5位:気になる部分/岸本佐知子
6位:キサラギ/原作・脚本:古沢良太 ノベライズ:相田冬二
7位:夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦
8位:スロウハイツの神様/辻村深月
9位:陰日向に咲く/劇団ひとり
10位:ドラえもん短歌/枡野浩一・選



2008年


まんが
1位:聖☆おにいさん/中村光
2位:この度はご愁傷様です/宮本福助
3位:風が強く吹いている/原作・三浦しをん/漫画・海野そら太
4位:すもももももも~地上最強のヨメ~/大高忍
5位:3月のライオン/羽海野チカ
6位:お茶にごす。/西森博之
7位:みどりのマキバオー/つの丸
8位:不思議な少年/山下和美
9位:潔く柔く/いくえみ綾
10位:ヒミズ/古谷実


かつじ
1位:ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎
2位:ラン/森絵都
3位:闇の守り人/上橋菜穂子
4位:いのちのパレード/恩田陸
5位:バッカーノ!1931 鈍行編、バッカーノ!1931 特急編/成田良悟
6位:有頂天家族/森見登美彦
7位:手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)/穂村弘
8位:名前探しの放課後/辻村深月
9位:パンドラ/脚本・井上由美子/ノベライズ・相田冬二
10位:遠まわりする雛/米澤穂信



2009年


まんが
1位:お茶にごす。/西森博之
2位:風が強く吹いている/原作・三浦しをん/漫画・海野そら太
3位:乙女ウイルス/鈴菌カリオ
4位:MO'SOME STING/ヤマシタトモコ
5位:虫と歌/市川春子
6位:バケツでごはん/玖保キリコ
7位:マラソン1年生/たかぎなおこ
8位:SKET DANCE/篠原健太
9位:エンバーミング/和月伸宏
10位:拝み屋横丁顛末記/宮本福助


かつじ
1位:「天と地の守り人」ほか守り人シリーズ/上橋菜穂子
2位:f植物園の巣穴/梨木香歩
3位:廃墟建築士/三崎亜記
4位:モダンタイムス/伊坂幸太郎
5位:訪問者/恩田陸
6位:宵山万華鏡/森見登美彦
7位:少年少女飛行倶楽部/加納朋子
8位:大洗にも星はふるなり/原作・脚本 福田雄一/ノベライズ 相田冬二
9位:とらドラ!/竹宮ゆゆこ
10位:天竺熱風録/田中芳樹



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック