Road to... ~寺嶋裕二「ダイヤのA」25巻




 「駄目だ‥ 降りるな
 マウンドから降りるな――‥」
 「ここで降りたら‥
 俺は―――‥」



新チームになった青道野球部、因縁深い薬師高校との練習試合ですが、
結果は完敗…。
7回からマウンドに上がるも、地区予選で致命的なデッドボールを出してしまったことで、無意識のうちにインコースへ投げることができなくなった沢村…。
イップス(精神的な要因から思い通りのプレーができなくなる障害)というんだそうですね。



同学年の降谷の活躍、さらに「リリーフ投手」と監督に言われたことで、沢村はめらめらと反骨心を湧きあがらせる。
気合いは十二分にあるのだけれど、登板中ずっと顔が強張ったままなんですよね。
心と体がちぐはぐで、思うように投げられずホームランを許してしまう。



再び降谷と交代することになって、ものすごく引きつった顔で、それでも笑って降谷に「後は頼む」って言うんだけど、
絶対そんなこと言いたくなかっただろうな。
でも、今の自分がこれ以上マウンドに立ち続けてても、事態が好転することも絶対ないだろうと、沢村はどっかで気付いちゃってたんだと思います。
死ぬほど降りたくないけど降りるしかない、もうそうするしかないという無念さ悔しさがすごい伝わってきて、
読んでいて痛かったなあ。



私はスポーツをやってないから詳しいことはわからないけど、
何かを本気でやっている人にだけ、試練は訪れるんだと思う。
弱い自分と嫌んなるくらい向き合って、その嫌んなる作業を耐えた向こうに、目指す道が続いているのです。
負けないで、諦めないで沢村! と、心から思います。



そんでもってラストに、きました。




キャ―――クリス先輩~~~!!!




この叫びも久しぶりだ(笑)
うわーんクリス先輩が沢村のために一肌ぬいでくれる(たぶん)次巻が待ち遠しいよ!
それから金丸も協力してくれるんだね、いい奴だほんとに君は!



稲実も3年の引退を控え、新体制の準備が始まってます。
成宮と新しくバッテリーを組む捕手の子(1年かな)が気になるー。
第215話扉絵の、ハイタッチ(?)待ちの薬師の3人がかわいくて好きです。
それから沢村の「ノーアウト~ いまだノーアウト~」っていうかけ声に笑った(笑)



23~24巻の感想はこちら




 



この記事へのコメント

  • 三森さんこんばんは! ダイヤのA読みましたよ~! 感想を待ち構えてました(笑) 沢村の表情は本当に見てて辛かったですね‥(T_T) 大きな試練だけど、どうか頑張って欲しいと心から思います。そしてそして~! クリス先輩~v きゃ~v(*´∀`*) でも私は本音を言うと純さん~! 純さんに会いたいんです~!(笑) いやいやクリス先輩に失礼ですね。もちろん久しぶりに見れて嬉しかったですよv 金丸もイイヤツ! 悪人顔だけどイイヤツ!(笑) きっとみんなが沢村に立ち直るパワーをくれると思います。頑張れ高校球児! 次巻も楽しみですね(^^) ではでは‥お邪魔しました♪
    2011年04月04日 01:16
  • 三森紘子

    銀さんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます☆
    わー待っててくださったんですね!遅くなってすみませんでした~。
    沢村、今はむちゃくちゃつらいと思うけど本当にがんばってほしいですね。また沢村なら絶対に乗り越えることができるだろうと信じてます。それに一人じゃないですからね!

    >でも私は本音を言うと純さん~! 純さんに会いたいんです~!(笑)

    うふふ、純さんにも23巻に引き続きもう一度ご登場お願いしたいですよねv腹に響く言葉で喝入れてくれそう。
    金丸の魅力もどんどん発揮されてるし、クリス先輩がイップス対処法としてどういうことをやるのか、続きが楽しみですね!
    2011年04月04日 12:14

この記事へのトラックバック