ピンチをチャンスに ~寺嶋裕二「ダイヤのA」26巻




 「一歩‥‥いや 半歩でも前へ‥‥
 俺はまだまだ 足りないものだらけじゃねぇか――‥」



おおー、珍しく赤一色の背景!



不調のまま、一人別メニューを黙々とこなす沢村。
自分には力がない、自分は弱い、という現実から逃げず受け入れることで、俯いていた顔がだんだんと上を向いていく。



そんな沢村の前に…現れたのがクリス先輩!
クリス先輩が好きなので、クリス先輩が出てくるだけでもニヤニヤになってしまうところを、
見開きでの登場シーンで沢村の心情など想像してしまい、ニヤニヤを通り越して泣きそうになりました。
沢村の表情も、泣く寸前で笑うことに成功したみたいな、いいカオをしてたなあ。



クリス先輩がやって来たのは、沢村を励ますためでも立ち直らせるためでもないんですよね。
沢村はちゃんと、自分の力で立ち上がってて。
インコースが投げられない今こそ、アウトローの球をモノにするチャンス。
ぜったい強くなれるから、沢村にはそれができるから、がんばってほしい。



そしてクリス先輩だけでなく、引退した他の三年のみなさんまで揃い踏みという嬉しすぎる展開!!
三年の再登場がこんなにうれしいのも、ここまで長く続いてるからという気もするなあ。ずっと見てきたからね。
もうほんとにうれしい~! 純さんの咆哮とか、哲さんの貫禄とか、また見ることができてさ~! ウヒョー!(ちょっとこわれぎみ)
三年VS一・二年の試合なんて、観るほうもやるほうも面白すぎそうな予感だよ!



二年は二年で、三年は三年で、そして沢村たち一年は一年で、それぞれ考えて動いてるんだなあって思いました。
監督の辞任や、新コーチ大丈夫かしら…?とか、いろいろ不安なこともあるけど、こんだけ選手が主体的に動けるチームなんだから、何も心配することはないのかもしれないですね。



あと、金丸くんがかっこいいよ!
最初のほうからチョイチョイ出てましたが、目立ってなかっただけでその姿勢が一貫して変わってないというのがよけいにかっこいいと思います。きっとレギュラー入れよー!



25巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント

  • 三森さん、こんばんは(^^)
    あぁ~26巻~!読みましたよ~!
    もうとにかくクリス先輩ィィィィ!!と力いっぱい叫びたい気分になりますね。
    見開き登場シーンから沢村の泣き笑いのような表情までの流れ、本当にグッときて泣いてしまいました.゜(ノД`).゜。

    3年生の登場が嬉しすぎます。純さん!純さん!!←そればっか(笑)
    もちろん哲さんのかっこよさも、亮さんのイヤミ攻撃wも、なにもかもが嬉しいです。もうみんな留年して野球部に残ればいいよ。←おいw

    金丸はすっかりイイ奴に‥!1年生にもバリバリ活躍して欲しいですね(^^)みんな頑張れー!

    ところで最近スケダン読み始めたのですが、仮面を外したエニグマンがクリス先輩に見えて仕方ありません。きっと私だけじゃないはず‥(笑)

    なんだかいつも以上におかしなコメントですみません(^^;)お邪魔しました♪
    2011年06月07日 00:35
  • 三森紘子

    銀さんへ

    コメントありがとうございます☆(重複していたので、片方のコメントは削除させていただきました、ご了承ください)
    そうですよね~っ! クリス先輩の登場シーンはめちゃめちゃ良かったですよね!
    私も心の中で叫びまくってました(笑)

    純さんもホントよかったですね!
    三年生の姿は全員とも見られてうれしかったですけど、その中でも純さんの変わらぬ姿が何よりうれしかったです。
    あ、私、自分で思ってたより純さんのこと好きだったんだ~って思いました^^
    もうほんとに…留年すればいいのにw

    >ところで最近スケダン読み始めたのですが、仮面を外したエニグマンがクリス先輩に見えて仕方ありません。きっと私だけじゃないはず‥(笑)

    た…確かに!!そう言われるとそうとしか見えなくなってしまいます(笑)性格は全然違うけど!(笑)
    スケダンも読まれたんですね~、良かったらまた語り合いましょう♪
    2011年06月07日 21:19

この記事へのトラックバック