たんぽぽとてんとう虫の近く ~伊坂幸太郎「マリアビートル」




「グラスホッパー」の続編、ってことになるのかな?
単独で読んでもオッケーだけど、共通のキャラクターも出てくるので、両方読んだほうがきっと楽しいです。
殺し屋ばっかり出てくる小説。面白かった~!!



東京から盛岡へ向かう新幹線に乗りあわせた、複数の思惑を持つ複数の人間たち。
息子の仇を討つために拳銃を忍ばせた父親や、果物の名を持つ二人組や、
最強最悪に運のない眼鏡の男や、悪魔のように狡猾な中学生の少年、etc.
降りたくても何故かなかなか降りられない、不測の事態が山ほど起こり、新幹線はどんどん進む。
そして「押し屋」の槿(あさがお)が電話で依頼された仕事とは?



鯨や蝉の名前もちらっと出てきて懐かしかったです。あ、桃も。鈴木もスズメバチも登場したし。
「グラスホッパー」はフワンとした後味の悪さが魅力だったんだけど、「マリアビートル」のほうは、
最後らへんに舞台に上がってきたジジとババが滅法カッコよかったので、こんな話なのに爽快感を持って読み終えることができました。
コワイ話であることに変わりはないんだけどね…。(震災後だと余計そう思える)
も~あの王子に誰か一泡吹かせてやって! と思ってたのでスッキリしたー(笑)
ほんとそうだなー、長生きするってそれだけですごいことだよなあと、改めて思った。
だって「明日死ぬかもしれない」っていう条件は、誰でも同じだものね。



王子の運の良さよりも、七尾の運の悪さのほうが上回っていたということか。すごいな七尾…(笑)
でもジジの言葉に照らし合わせるなら、それだけの不運に見舞われながらも生き延びる強さを持ってるということだもんな。
何だかんだで超有能な殺し屋なんだろうなー。テンパってキレた後がカッコいいよな。



果物の二人もすごい好きだった! 負けず嫌いとか言いつつお互いに…! 泣かせるよね。
並ぶときっと絵になる二人なんだろうな。ちょっと実写で観たい。(具体的に俳優さんは思いつかないけど)
ラストのミカンとレモンにも、くすっと笑っちゃいました。ほんとに復活したんだー。
木村親子も好きでした。良かった良かった。



会話に張り巡らされた伏線の気持ち良さや、人生と人生が交錯してこんがらがって、予測のつかないところに連れていかれる快感を味わわせてもらいました。
満足満足!




「グラスホッパー」の感想はこちら


 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック