GO! GO! オンセンGO!! ~島本和彦「オンセンマン」全3巻

オンセンマン(1).jpg


島本和彦の漫画を最近よく読んでいるのは、同じ方に継続して貸していただいてるからなのですが、
その中でもハマってしまったのがこのオンセンマン…!
めっちゃかわいい! オンセンマンめっちゃかわいい!



その名のごとく、顔が温泉マークのオンセンマンは、箱根・大涌谷の温泉たまごから生まれたのだ!
オンセンマンは、疲れた人を探し当て、温泉に入れて元気にすることができるのだ!
オンセンマンは、自力で温泉を掘り当てたり、ただのお湯を温泉に変えたりすることができるのだ!
オンセンマンは、湯船にお湯をためている間は無防備なので、攻撃されるとやられてしまうのだ!



ユルさ&バカバカしさ全開のお話ですが、とにかくオンセンマンがかわいいのでむちゃくちゃ癒されます。
グッズあったら欲しいくらいだよ。思わず似顔絵の練習をしてしまったぜ(これが意外と難しい。ドラえもんと一緒)
うちのお風呂にも来てくれないかな~オンセンマン! ヒノキボールをください! 温泉まんじゅうでもいいから!



仲間キャラとして、北海道定山渓オンセンマンとか地獄谷オンセンマンとか和歌山龍神温泉湯ーレディとか、
果てはプールレディとか4sea(シーシー)ガールズも出てくるんだけどみんなかわいい!(あ、シーシーガールズはちょっとこわいかも)
人々のやる気を吸い取って力を蓄える敵(!?)のグータラーまでもがかわいい! その分身の「やる気チューチュー」がもうありえないくらいかわいくてどうにかなりそうだ…!!
島本先生の描かれるつぶらな瞳キャラって、最高ですね…



こんな脱力系の表紙(笑)でありながら、島本漫画のオハコである「熱血」スピリットもちゃんと流れています。
癒しと燃えの融合がすばらしい。ものすごいお気に入りの作品になりました。
1995年~1997年の刊行なので、たぶんもう新刊書店には並んでないと思うけど、古本屋や漫画喫茶で見かけたときはぜひ手にとってみてください。
あ~、温泉行きた~い!



作者さんつながりで
「吼えろペン」の感想はこちら


 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック