スカイの話をしないか ~美川べるの「ストレンジ・プラス」11巻




10巻の大台に乗ってからも絶好調、ついに連載100回に到達したんですね! おめでとうございます~。
私がミカベル先生を初めて知ったのはこの「ストプラ」でなので、こんなに続いてくれてうれしいかぎりです。
その記念すべき100回のカラーページがいきなり全裸の巧美の土下座シーンだったけど(髪が青いので意外と画面に映える)、今さら驚いたりはしませんでした。11巻分も読み続けているからね☆
でもストプラ100回記念=ゼロサム100号記念ということは、ゼロサム創刊号からずっと載ってるってことだよな。休載もせずに。
それってすごいなー!



というわけなので、今さら巧美の尻なんていちいち気にしてられないわと思うのですが、それでもやっぱり気になってしょうがないです。
水の上を走る方法として「右尻が完全に水に沈む前に左尻を出す」という説明がされている図には、思わず頭の横に「!?」マークが浮かびました(マガジンばりに)。
伸ばした尻で正宗をどつくコマには大笑いしたし(何故尻で!?)、バニーのかっこでマジックをしてる巧美に地上げ屋が「脱げ脱げー」とヤジを飛ばしたら、音速の勢いで彼の目の前に全裸の巧美が降り立つところもむちゃくちゃ笑いました。
(おわかりだとは思いますが全てギャグです。ギャグ漫画です。)



新キャラ・巧美の教育係の水城さんは美形(ただしちょっとおバカ)でした。巧美と恒の家の人間はみんなこんなんなのだろうか…。
そして巧美は無敵に見えて、実は弱点多いよね。恒ちゃんのこともまあ弱点と言っていいだろうし。その割にはいつも虐げてるけどさ。



ツチノコをマスコットキャラみたいに従えてる真下警部、何これかわい――!
#107の1コマ目の美羽さんの表情がステキ! クリスマスの宴会中にトランポリンでびよんびよんしてるのもかわいかった。
羽井のドヤ顔にはイラッとしたけど(笑)



それから「スカイの話をしないか 恒ちゃん」って言った米良さんがスゴくかっこよかったので記事タイトルに引きました。
米良と香織の過去は引っ張るよねえ。人物紹介ページみたいなとこで簡単ないきさつは明かされてたけど、もう漫画の中では描かれないのかしら?




10巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック