すげーカップルの誕生だぜ ~小田扉「団地ともお」18巻

団地ともお(18).jpg



 「俺も自分で思ってた以上の良識が残っててほっとしたよ。
 ありがとう。」



「バッタもんで勝負か!?ともお」が良い話でした。
あやしいセールスのおじさんと、足が速くなりたい福沢君と…。
人はみな誰かを助け、誰かに助けられて生きている…ということを端的に描いた名編です。(そんな深いテーマは込められてないのかもしれないけど)



公衆電話の物語きたー! ともおに時たま登場する、無生物の話が好きです。
ボス(電話交換機)も28号もかっこいいなあ。でもともおは災難だったね(笑)
あと、アメリカンのシリーズも大好きー!
ともおがまだ小さい過去の話も好きー!
お姉ちゃんもともおも、お腹が冷えないようにパジャマの上の裾をきっちりズボンに入れてるところがかわいい。
よしのぶにスポットライトが当たる瞬間も好き。
そして半端な両利きの森山君がかわいいわー。



父さんのおさがりの財布をもらって、喜んでいろんなカード(名刺とか使用済みテレカとか虫カードとか)を入れまくるともおが微笑ましかった。
「これで」ってカードを差し出すしぐさが板についてるじゃないかともお!



コンビニのお兄さんと青戸さんは、ほんとにカップル誕生しちゃうのだろうか?
そういえば青戸さんって恋多き女だったわね…。前彼と道端でチューとかしてたし。
そしてコンビニのお兄さんってイケメンだなあ…と、18巻にしてやっと思いました。
どっちにしろ、「すげーカップルの誕生だぜ。」というともおの言葉には賛同です(笑)



ハム美を飼ってた男の子って、前に出てきたような気がする…。バイオ部の話で。
同一人物なのかな? 読み返してみなくっちゃ。



17巻の感想はこちら



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック