参っちゃうなあ ~有川浩「空の中」





とても個人的な話になりますが、有川浩さんの小説は私にとって、「見ていてものすごく惹かれるけど、どうしても話の合わない知人」のような存在です。
むちゃくちゃ気になるんです。気になるんだけど、触れ合ってみると合わないの…。文体なのか何なのかわからないけど、どこかに何かがひっかかってしまう。そのことがとても残念で仕様がない。
そういう存在は少し離れたところから見ているのが一番いいような気がして、だから「図書館戦争」なんかはもっぱらアニメ版や漫画版で楽しんでいました。



…だったのだけど、そんな私のわだかまりを「知るかー!!」とばかりにぶっ飛ばしてしまうくらいに面白かったのがこの「空の中」。
なんっ…だコレ!? 面白すぎる! マイナス地点から読んでいる私のような読者をもつかまえて離さないこの吸引力! 
もう、何なのだ!? 有川浩さんってすごい!!
これが……物語の力か!!



 200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。
 高度2万、自己に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?
 一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。
 大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは――
 すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント!!
   (裏表紙あらすじより)



宮じいの存在が何にも代え難かったと思います。
長い年月を、ただ普通にちゃんと生きてきた大人は、そこにいるだけでこんなにも重みを持つんですね。
番外編「仁淀の神様」では泣いてしまいました。お盆(帰省中)に読んだのは何かの導きだったのかな、なんて。
怪獣系(?)SFとしても、自分の為すべきことをきちんとやっている大人の職業小説としても、恋愛物としても、また少年の成長物語としても読むことができて、本当におなかいっぱい。



こんな小説書かれちゃうと、参ってしまいます。絶賛するしかなくなるもの。
新井素子さんの「読め。面白いから。」という解説に全力でうなずいてしまう、傑作でした。
すでに読んでいる人には今まで読んでなくてごめんなさい!って言いたいし、まだ読んでない人には全身全霊で薦めたい!



「塩の街」ではまだここまでぶっ飛びはしなかったんだけどな。
次は「海の底」を読みます。楽しみ。


 



この記事へのコメント

  • 日月

    宮じいかっこよかったですね。朴訥だけれど真面目に年を重ねてきた人の持つ重みがよかった。こんな年寄りになりたいものです。
    2011年08月18日 23:37
  • 三森紘子

    日月さんへ

    コメント&トラックバックありがとうございます!
    宮じいはかっこよかったですよね。瞬たちに宮じいがいてくれて、本当に良かったなあと思いました。私が年を重ねても、こんな素敵な年寄りになれる自信がありません(笑)
    2011年08月19日 22:28
  • yue

    三森様、ご無沙汰しています。ちい振り情報ありがとうございました。ジャイキリ20巻感想も読みました。ジャイキリはここ何巻かでぐっと面白くなって来ていると思います!14〜19巻の感想も楽しみにしています。
    で、『空の中』ですよ!私も、ちょうど読み返していたところに、三森さんの感想が出たので、びっくりしました!宮じい本当に素敵ですよね。自分もこんなふうに年を取れたら良いなって思います。春名が好きです!榛名もですが…(9月に向けて16巻も復習中でした)。海の底の夏冬コンビも良いです!3冊で春夏秋冬だと気付きました。ディックもついてきたりして、可愛い(^O^)一度話してみたいです!海の底の感想も楽しみにしています。こちらは話の通じない相手なので、読んでいて辛い箇所もありますが、子供達と夏冬コンビのやり取りや、姉弟二人のことなど、考えさせられることもたくさんありました。私は有川浩さん大丈夫で、次々読んでしまいましたが、読めない作家ってありますよね。来月はちい振りにも少し期待。おお振り17巻の感想も楽しみにしています!
    長くてすみません。まだ暫くは暑いようですから、熱中症に注意しましょう。
    2011年08月23日 21:02
  • 三森紘子

    yueさんへ

    ご無沙汰です、コメントありがとうございます!
    ちい振りやジャイキリの記事も読んでくださってありがとうございます。ジャイキリ、すっごい面白いですよね~! 14~19巻の感想、できるだけ早くアップできるようがんばります!
    「空の中」yueさんも読み返されてたんですね! すごい偶然、うれしいです^^

    >春名が好きです!榛名もですが…

    どちらのハルナもかっこいいですよねえ^^春名さんの粘り強さには感服することしきりです。本当にかっこいい大人の男の人。ディックとは私も話してみたかったです。

    そしてちょうど今、「海の底」を読み終えて感想を書いたところでした(笑)こっちもすごく面白かったです!
    夏と冬で名前が対になってると思ったら、そういえば三部作で春夏秋冬そろっちゃってるんですね!(笑)

    >読めない作家ってありますよね。

    そうなんですよね…。でも、少ない情報だけで決めつけちゃいけないなあと今回身にしみて思いました。この三部作に出会えて有川作品を好きになれて、本当に感謝しています。

    来月(もう今月か)は、ちい振り載ってるといいですね! yueさんもお体にはお気をつけて! それでは☆
    2011年08月23日 22:52
  • 透析鉄

    これは、、、、、、、、私も超絶傑作らしい、と聞いていますので、読みたいですね。
    新井素子さんが本気でほめているらしいあたりも、かなり信用ができますし。彼女の作品も好きですが。(wikiに、彼女が元祖ラノベのように書かれていましたね)
    2012年01月22日 21:46
  • 三森紘子

    透析鉄さんへ

    コメントありがとうございます♪
    ほんとに面白いので、ぜひぜひ読んでみてくださいね!!
    確かに、新井素子さんのお墨付きだとより信頼が高まりそうです。「ひとめあなたに…」とか「おしまいの日」とか、十代の頃何度も読み返したなあ^^
    2012年01月24日 14:37

この記事へのトラックバック

「空の中」 有川 浩
Excerpt: 有川浩自衛隊3部作第2段「空の中」。 高度2万メートルの成層圏(科学くんの風船カメラが行ったところ) 新たに開発された旅客機のテスト飛行の謎の爆発事故。 同時期、航空自衛隊F15も成層圏で爆発事故を起..
Weblog: 日々の書付
Tracked: 2011-08-18 23:34