道しるべ ~寺嶋裕二「ダイヤのA」27巻





 「苦しい時ほど顔には出すなよ
 主将が迷うとチームが揺らぐぞ」



表紙の青がきれい! 26巻の沢村の赤と対になってるんですかね。
ちなみに、炎だと赤よりも青色のほうが高温なんですよね(笑)



三年生の引退試合、三年VS一、二年というむちゃくちゃワクワクするカード。
後輩たちのために、そして秋大を最後に青道を去る監督のために、
持てる力のすべてをもって引導を渡す三年生の姿がアツかった。
「負けるなよ‥‥お前達は」という哲さんの激励には、脈々と受け継がれてきた青道野球部の魂がこもっている。
だからこんなに胸を打つ。



夏には志半ばで敗れたけれど、まだ終われないという思いを込めて全力投球する丹波がよかったし、
そんな丹波を見て、監督が笑みを浮かべているのもまたよかったです。
ホームランを打って喜ぶゾノを見て満足そうな純さんとかもね! 純さんとゾノいいよね!
「炭水化物が止まらない~!」な増子にはウケました。よし、ダイエットがんばれ!(笑)



あの日以来、初めてマウンドに上がった沢村に、代打でバッターボックスに立ったクリス先輩が向かい合うシーンでは…涙出てきた。
沢村にとって、クリス先輩はもう本当に、「恩師」なんていう言葉では量れないくらいの存在で…
この人に応えるために、最高のピッチングを。こんな機会が持てるなんて、沢村は本当に幸せ者だと思います。
せっかくクリス先輩がキャッチャーで出たのに、バッテリー組めなかった丹波は残念だったけどね…(笑)
なんだろう、最近丹波がすごくおもしろい(笑)



監督が辞めることを初めて知り、動揺する現役チームに、主将の御幸がかけたのは「獲るぞ 秋大」という言葉。
「俺達が秋大で優勝すれば センバツ確定だぜ」「甲子園行き決めた俺達を置いて チームは去れねぇだろ?」
青道の新たなる挑戦が始まります。
ってことで次巻、秋大開幕!



それにしても、「おつかれ!! おつかれさん な!」と降谷に交代を促している沢村のかわいいこと!
つーんと無表情に無視してる降谷もセットで、ほんとにかわいい一コマです。




26巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント

  • 三森さんこんばんは!(^^)
    27巻、私も今日やっと読めました~!いやぁ熱いですね。甲子園が終わった直後に読むと更に‥やっぱいいな~高校野球!って思います。

    そして改めて私は3年生が好き、大好き、いやむしろ愛してると再確認しました(笑)
    代打クリス先輩でボロ泣き‥(´;ω;`)あの2人の絆は、きっと特別なんでしょうね。思い出しただけで涙腺が‥!
    亮さんと春っち、純さんとゾノ、哲さんと御幸。先輩から後輩へ受け継がれていく『青道の魂』を感じることが出来る巻でした(^^)
    延長14回の末に書かれた『センパイナメんなオラァ!』が好きすぎる‥!絶っ対、書いたの純さんですよね!!(笑)

    御幸のクジ運ヒドスなオチに笑い、次巻も楽しみです♪お邪魔しました!(´∀`)
    2011年08月22日 23:31
  • 三森紘子

    銀さんへ

    こんにちは、コメントありがとうございます!
    甲子園シーズンに読む「ダイヤのA」はまた格別ですよね~!

    3年生のエピソード、本当によかったですよね。
    ああクリス先輩…(涙)
    託す先輩と受け継ぐ後輩、という構図がとても美しかったです。

    >延長14回の末に書かれた『センパイナメんなオラァ!』が好きすぎる‥!絶っ対、書いたの純さんですよね!!(笑)

    ですよねですよねw純さん最高だ! ピッチャーとしての純さんももっと見てみたかった(笑)
    御幸のクジ運はいかにも御幸らしいな~と思いました。運が悪いのか良いのか、自分が燃える展開を自ら引き寄せているというか(笑)
    この先の展開もとっても楽しみですよね!^^
    2011年08月23日 22:30

この記事へのトラックバック