終末を告げる鐘が鳴るトゥモロー ~篠原健太「SKET DANCE」20巻





「過ちのエンジェル(意味・間違えました)」
の汎用性の高さにビックリです。



っつーかダンテ面白いな! ホンマ面白い人間やな!
ぜひ色々なジャンルの歌を睡眠学習してみてほしいです。もしかして英会話のCDを聴いたら英語ペラペラになったりするのか?
ビジュアル系ヒメコがかわいかった~。あと、晴れ着姿のも。



「結局ガンガン行けない!!」なサーヤもすっごいかわいい!
ボッスンとデートのつもりで着てきた服がかわいすぎるんだが…! どうしてやろうかこんちくしょう…
お年玉を使いにおもちゃ屋へやって来る椿もかわいかったです。
そして安形はちょっともう…いいからどっか行ってなさい(笑)



加藤希里の登場エピソードがひと段落したようです。
出てきたはいいけど、なんかどっちつかずで中途半端なポジションだな~と思ってたので、
これでやっと、キリの学園生活がスタートしたんだなあと、ちょっと感慨深かったです。
「行くぞ」という椿たちに「はい!」と続くキリを見ていたら、なんか泣きそうになってきた。



轡が教師として以前に人間としてアカンすぎて、いくら何でもこんな教師がいてたまるか…とは思うものの、
キリの本当は情に篤い心根がわかったり、
腕章を受け止めに転がり落ちた椿はボッスンに似てきたかな?とか、
武闘派じゃないのに轡を殴りつけたボッスンは椿に似てきたかな?とか、
いろいろと思うところの多いエピソードでした。
ボッスンが珍しくキレたのはヒメコを侮辱されたからだと思っておきます(笑)



椿に忠誠を誓った後のキリくんはゆかいですね。
人のために働けるのがうれしくてしょうがないんだろうなあ…やっと自分の力の使いどころ、居場所を見つけたんだものなあ。
デージーのゆかいな一面も見られそうだし、新・生徒会も楽しくなりそう。



銀魂とのコラボ漫画も収録されてました。これ好き~すごく好き~。
下ネタダメ! とか、銀さんとボッスンに作者の師弟関係が憑依してたりとか。
さすが空知先生の元アシスタントだっただけあって、万事屋の3人もばっちり特徴をつかんでらっしゃいますね篠原先生。
ていうか篠原版の銀さんかっこいいィィハアハア! 神楽ちゃんもかわいいし! 新八はメガネだし!



スイッチの「声が銀さんだ…!!」のくだりとか、アニメでやったらもっとおもしろそうなのにな、アニメでやってくれないかな…でも銀魂と制作会社ちがうし、ムリか…とかなんとか思ってたら、
アニメでやってくれるらしいですね。さすが! さっすっがっ!
放送日が楽しみですなあ。



19巻の感想はこちら


 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック