そんなあたいは殺されっこ ~鈴木マサカズ「七匹の侍」3巻





わあああきもちわるい! グロい! 生み落としたー!
とかなんとかいってる間に終わっていきました。3巻で完結。
思いのほか早い完結だったなあ。



読み終わってわかったことはただひとつ、「七匹の侍」は殺しても殺してもまた生まれてくるんだろうってことです。
生きるために殺す…という命題が終わらない限り。
お鷹の最後のトンデモな感じとか結構好きだったな…。
珍平が記憶を取り戻すところは笑いました。伝次郎じゃないから…おまえ伝次郎じゃないから(笑)
でも珍平もちゃんと数に入れてもらっててよかったね。



相変わらず女達は別嬪で烈しく、男達は駄目で愛しい。
六重太とか、かなり男前の部類に入ると思うんですけど、なぜか漂うダメ男感…。ほんとなんでなんだろう。
一番好きだったのはやっぱり伝次郎ですね。



よくわからないまま始まり、よくわからないうちに終わっていた…ほんと、何から何まで映画っぽい漫画でした。
もうちょっと続いてほしかったな~。主に珍平の行く先が知りたい。




1巻の感想はこちら
2巻の感想(一行ですが)はこちら



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック