運命の女 ~つの丸「たいようのマキバオーW」1巻





あれっ、「W」とか付いてる、しかも1巻表示! と、購入してから気が付きました。
掲載媒体がWEBに移行したから、リスタートという感じで仕切り直したんですかね?
普通に続刊だと思って買ってた…。
とはいえ、内容は「たいようのマキバオー」16巻からそのまま続いてます。



新ヒロインが登場。表紙の彼女ですが…その名もファムファタール!
「運命の女」という名を持つ彼女は、牝馬として65年ぶりに日本ダービーを制したというすごい戦歴を持つ馬なのですが、
それよりも何よりも、そのキュートさにメロメロなのです。
かわいい…ファムかわいいマジで…これ、人間だったらキューティーブロンドお目目ぱっちりの美少女だよ…



写真うつりを気にするお年頃なところや、若さゆえの物怖じの無さもたまりません。
それから、育成担当だった飯富先生(久しぶり!)にすごく懐いてて、飛びかかってじゃれたりしてるのも超カワイイ! おてんば!



というわけで、文太もフィールもアマゾンもこの先が気になるのは変わらないけど、
目下今は、ファムファタールをおっかけていきたい気持ちです(笑)
2巻以降も出番いっぱいあるといいな。ほんとかわいいよファム…



「フロック(まぐれ勝ち)」を「最強」という意味だと勘違いして、誇らしげにフロックフロック連呼してる文太が何ともおいたわしい…けどウケる(笑)
フィール、ちゃんと責任取ったるんやで(笑)
ハヤトのママさんも、どんどん怒っちゃっていいと思うよ!(笑)




「たいようのマキバオー」16巻の感想はこちら



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック