絶望とは ~井上雄彦「リアル」11巻




 「打ちのめされた時 人は真価を問われる
 下を向くのか 前を向くのか
 あきらめずにチャレンジし続けられるか」


 「絶望とは何だ
 絶望ってのはあれだ これは違う
 これは 幸せって言うんだ」


涙が出るほど野宮が好きなのは何でなのか、その理由がわからなかったりもしたんだけど、
それは野宮がいろんなことを「考えて」いるからなんじゃないかと思うようになってきた。
考えなくても生きていけるけど、考えることが人の心を育てるんだね。
戸川も高橋もとても好きだけれど、野宮はやっぱり別格で、存在そのものが尊い。拝みたい。



0109
初回限定ペーパーの野宮。かわいい。あとーんす♪



10巻の感想(?)はこちら



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック