愛はスターダスト ~福島聡「星屑ニーナ」2巻





 「ヒトは何故眠るのですか?」
 「夢のつづきをみるためよ」



やっぱりニーナと星屑がかわいい! ほんとかわいい!
裏表紙のルイ君もかわいいです。タイムスキップコメディー2巻め!



死なないロボット・星屑を中心に、時間がどんどん流れ流れてゆくこのお話。
死んじゃったあともニーナの存在は、星屑や星屑に関わった人々の中でいっそう輝いていますね。
起きぬけに、助走つけて二階の窓から下の湖へダイブしちゃうような女の子だよ。かなわないよな~。



星屑が再生した可憐なニーナの映像を見て恋に落ちてしまったルイ少年。
絶対に会うことの叶わないニーナのことを忘れようと放浪を続け諸芸にチャレンジした挙句、最終的に宇宙パイロットの道を志すわけですが、
チンチクリンの泣き虫少年だったのが、女性人気のあるクールな青年に成長したのにはびっくりしたよ。その後にしょぼくれた感じになるのもなんかリアル。
ルイと同期のポポも、男勝りな少女時代から美しく成長していくのにうっとりしました。
ルイのことちょっと好きになってドキドキして、失恋してちょっとだけ泣いちゃうのとかかわいかった。
二人の娘のピッピちゃんが、ちゃんと二人の遺伝子を受け継いだ顔をしててこれまたかわいかった。



襲来した宇宙雷魚に粉々にされ、頭部分をサメにパックリ食べられてしまった星屑が、はてさてこれからどうなるのか。
死なないロボット星屑と、彼の傍を走り抜けてゆく人間たちとの、星の速さの物語はまだまだ続く。
星屑の大きな可愛い瞳を見ていると、哀しくなってくることに最近気づいたんだよ。



巨大宇宙ザリガニVS宇宙ザメの対決、何気にもうちょっと見たかったな…(笑)



1巻の感想はこちら



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック