まとめて感想:「バレてるよ!ジャンボリーヌ」2巻

・かんばまゆこ「バレてるよ!ジャンボリーヌ」2巻




2巻で完結です。う…う~ん…!!
なんか1巻から路線が変わってる気がした…!
1巻の「主人公の頭がでかい」という出オチから始まる一話完結のパターンがすごい好きだったんですけど、やっぱりそれを量産するのは大変だったのかなァ。
というわけでトーナメント方式になってしまった2巻でした。ちょっと残念…



ウエディングドレス姿でピーチ姫ばりの捕らわれっぷりなひな子ちゃんや、新たな魅力爆発のブラックひな子ちゃんは猛烈にかわいかったので、それはそれですごく良かったんだけど!
でも知らん男とひな子結婚→新婚生活→ダンナ死亡→突然最終回という流れは、超展開すぎて脳がついていくことを拒否したよ…
しかもラストがやさしくなーい! 友情が生まれなーい!(他の人たちとは生まれてるみたいだけど)
なんかこう…もうちょっとこう…と個人的には思ってしまったものの、これからが非常に期待できる作家さんであることに変わりはないので、引き続き応援を続けたいと思います。
早く次回作を!



とりあえず「おしゃる、おしゃれば、おしゃるとき、おしゃれ」という格言を胸に、これからも生きていったらいいのかな?(笑)
城ノ内家の話をもっと読みたかったな~。あと、羊(のフリをしたヤギ)たちがかわいかったです。



1巻の感想はこちら



 



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック