仲間なら呼び捨てでしょ ~西森博之「鋼鉄の華っ柱」6巻




わっ、わわ~っ、子ども時代の3人がかわいい~!
特に夏野~、夏野がオバカかわいい~!
噂の蘭子お嬢様も本格登場の6巻です。



真道のオフィスに突如現れたクラシカルな美少女は、真道のかつての婚約者、遠霧蘭子その人であった!
珍しく動揺してる真道が新鮮だなあ。朝涼ちゃんも一目置いてる蘭子とは一体どんなお人なんでしょう?
ルー子が砂になるのも込みで楽しかった(笑)がんばれ、ルー!



過去話が本当にかわいくて良かった。
朝涼と夏野がお世話係としてお屋敷にやって来る日が待ち遠しくて、じいに何度も尋ねる真道少年が愛しい。
頑なな朝涼も、アリの巣が満水になるまで水攻めすることを誓う夏野も愛しい(…アレ?)。
武術を通して切磋琢磨をはじめる真道と夏野にニコニコしました。(でも最強は朝涼)
真道が短冊に書いた、七夕の願いは叶ったんだねェ。ホロリ



真道は幼少のころからああいう性格だったわけですが、それでも今の真道が出来るまでに、夏野や朝涼に影響された部分も少なからずあるんだろうと思います。
それでいて3人とも、8年前から全然変わってないのがとってもうれしい。良くも悪くもだけど。
夏野はもう少し賢くなってもいいよね(笑)まあかわいいので良いんですけど。



このあと蘭子と出会う展開になるみたいなので、次巻がとっても楽しみです。



5巻の感想はこちら

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック